RSS

読み手に伝わる文章のポイントはズバリ具体化! 2つの具体化方法とは

上手い文章というのは、小説家のように比喩や韻等の表現が豊かであったり、文章の中に引きずり込まれるような文章であったりします。

そのためには、読み手に対して、書き手が伝えたい事がしっかりと伝わっている事が必要なのです。


NHK Eテレの「テストの花道 ニューベンゼミ」のネタですが、とても有効な方法ですので、ぜひ自分のものにしてください。



まず、赤ちゃんを想像してみてください。 この赤ちゃんの様子を誰かに伝える場合、どのような文章を書けばよいでしょうか?


「かわいい赤ちゃん」


ほとんどの方が「かわいい赤ちゃん」と思ったのではないでしょうか。 文章を読んでいる読み手にとっては、赤ちゃんを実際に見ていないので、この文章だと抽象的な表現過ぎて何も伝わりませんね。

当たり前の表現、つまり表面だけの文章だと心を動かせないのです。


読み手に伝わる文章を書くポイント1つめは「形容詞を使わない」です。

形容詞とは、最後の母音が「い」で終わる言葉です。 例えば「美しい」「かわいい」「おおきい」「すごい」などです。

文章に、あえて形容詞を使わないことで具体性が生まれてきます。 「かわいい赤ちゃん」に対して、形容詞を使わない文章にすると、


「ほっぺがぽちゃぽちゃの赤ちゃんが、私にニコニコ笑いかけた」


赤ちゃんのかわいさを「かわいい」という形容詞を使わなくても、かわいらしい赤ちゃんの情景がありありと見えてきますね。



次は、怖い体験を伝えたい場合の文章表現の例です。


放課後にトイレに行った時に、とても怖い体験をしました。 変なにおいがしたので、何だろうって思ってトイレの中をのぞいたら、赤い服の女がでてきて、追いかけられてすごく怖かった。 猛ダッシュで逃げ切ったけど、とても怖かった。


この文章も先程の赤ちゃんと同じで、具体的な怖さがあまり伝わってきません。


読み手に伝わる文章を書くポイント2つめは「五感に訴える」です。

五感というのは「視覚」「聴覚」「触覚」「嗅覚」「味覚」のことです。


さきほどの文章の冒頭を五感を使って表現してみましょう。

放課後にトイレに行った時に、とても怖い体験をしました。 変な臭いがしたので、そのドアの前まで行ってピタっと触ってみると、何だかいつもよりヒヤッと冷たい感じがする(触覚)。 「わ、何だろう…」と思うと同時に、ギィー、音を立てて(聴覚)ゆっくりと開いていく(視覚)。 開いていくのに合わせて、そのにおいがモワッとキツくなり(嗅覚)ピチャン、ピチャンと何かが滴り落ちる音もする(聴覚)


五感を使うと、まるでその場にいるような文章になります。 そして「ヒヤッ」「ギィー」などの擬音語、擬態語をいれるとより臨場感が伝わります。



読み手に伝わる文章を書くポイントは、

  • 形容詞を使わない
  • 五感に訴える

の2つです。ブログや夏休みの宿題の読書感想文などにぜひ使ってみてください。

書評 「その日のまえに」「くちぶえ番長」 重松清 他

中学受験生が読む定番の本をいくつか紹介します。


「その日のまえに」重松清

とっても話題になった本です。 「王様のブランチ」でも紹介され、「涙なしには読めない感動作」と話題になったベストセラーです。 もちろん、ドラマ映画になりました。


私個人の意見ですが、始めは、あまり面白いものではありません。

死をテーマにした短編集なので、泣けるシーンが随所にあります。 生きること、死ぬこと、残されること、歩き出すことを、まっすぐに描いた作品です。

後味はとても良いですね。

ちょっとネタバレです。 短編集なのですが最後に全て話がつながってきます


心に響いた一節をちょっとご紹介します。

「潮騒」

父親と目が合った瞬間、まるで高い波が波打ち際で砕けるように、 俊治の胸でなにかがはじけた。 ごめんなさいーーー。


「その日」

「ダイ、、、、、、明日、ままに会おう。 ママ、ほんとうにがんばったんだよ、早く病気治して、 早く家に帰って、早くダイに会おうと思って、ほんとに、痛い注射たくさん打って、 がんばったんだ、、、、、、だからさ、ダイ、ママに言ってやってくれよ、 よくがんばったね、って、すごいねママ、って、、、、、、ママ、喜ぶから、 すごく喜ぶから、ダイが言ってやってくれよ、、、、、、」

「、、、、、、じょうぶな子に産んでやれんで、すまんかった」


「その日のあとで」

初物のなしを供えた仏壇の中で、和美は冬物の服を着たまま笑っていた。

大輔は、口の中のトマトを呑み込んで、「ママにも食べさせてあげたかったなあ」と 夜空を見上げた。「こんなにおいしいのに」 「違うよ」僕は笑って言う。「ケンとダイに、食べさせたかったんだよ、ママは」



「くちぶえ番長」重松清

「流星ワゴン」重松清のように、飽きさせない物語展開です。 小学生でも読みやすく、さすが受験によく採用されるだけはあるなと思いました。

  • いじめっこをやっつけるスカッとする場面
  • 飼っていた犬との別れ
  • 人の気持ち
  • 甘い小学生の恋

といったところでしょうか。


印象に残ったところは、飼っていた犬ワンとの別れと、マコトが引っ越してしまうという悲しみのシーンです。

「とにかく、いなくなったら悲しくて泣いちゃうぐらい大好きな相手がいるってのは、幸せなことなんだよ」



「西の魔女が死んだ」梨木香歩

いろいろな興味深い草花がたくさんでてくるので、Webで画像を調べながら読むととてもおもしろいですよ。

おばあちゃんのセリフで「アイ、ノウ」というのがありますが、 そのセリフだけで、おばあちゃんの優しさが伝わってくる気がします。

ムーミンに出てくるニョロニョロみたいな花「銀竜草」 - gogoToRoTAN



最後に、中学受験用の本をまとめます。