RSS

聞いたことを質問すると、人間的魅力を増す

人と会話をする時、どんなことを考えているでしょうか?


例えば、自分が夏休みにハワイに行く予定があったとします。 でも、友達には「私、ハワイに行くんだ」とすぐに切り出すのはちょっとためらいを感じます。

そこで、友達に「夏休みどこいくの?」と聞き、
友達が「私は、北海道のおばあちゃんちにいくよ」「あなたはどこに行くの?」というように聞き返してくれることを期待するのです。


人は、自分の話をしたいのです。もしも自分が逆の立場だとしたらどうでしょうか?
友達に質問されて、答えを言って自分の話だけして終わらせたら自分は満足ですが、聞いた相手はちょっとがっかりします。

「あなたは?」と、聞き返してあげましょう。

それが会話の気配りなんです。


人は自分のことを話したがっているのです。

聞いたことを質問してあげると会話が弾みます。 そして、友達は「この人と話すと楽しい!」と思うのです。



初対面にふさわしい丁寧さ相手への親しみを備えた敬語がさらりと使えるとなおいいですね。

「どうぞ」「いかがですか」「してもよろしいですか」

こんな言葉遣いと気配りができる人は、とても魅力的に見えてくるのも人間の心理です。 会話の中にも、さりげない気配りをすることで、自分の株を上げ、さらに人間関係をよりよいものにできるのです。



さりげない気配りは簡単です。「聞いたことを質問する」だけです。

0 コメント:

コメントを投稿