RSS

眠気を覚ます方法 21選

勉強中、会議中など寝てはいけないところで、どうしても眠くなってしまう場合がありますよね。 いくらやりたいことがあっても、眠気は、けんたい感をともないやる気をなくしてしまいます。


そんなときは、何をやっても眠気には勝てないことが多いのです。 そこで、眠気をとる方法をWEBで調べてみました。

私も試しましたし、子どもにも試させましたが、「これは!」という有効な眠気覚まし方法はありませんでした。やはり興味あることでないと眠くなってしまいます


ただ、全く効き目がないということではありません。

シャワーを浴びれば誰だって目が覚めます。しかしシャワーを浴びれる環境なのか?そんな時間があるのか?もっと手軽にいい方法はないのか?

手軽で効果がありそうなのは、しいて言うなら深呼吸でした。 深呼吸をすることで、新鮮な酸素を体にいき渡らせリフレッシュ効果を得られます。


深呼吸でしたら、会議中でも可能です。しかし、残念ながら長続きしません。 やはり、興味を持って勉強したり、趣味をやった後、脳が興奮している状態で仕事に望んだりと気持ちをうまくコントロールし、脳をだましてしまう方法がベストなのかなと思います。これができないから困っているんですが。



眠気を覚ます方法 21選

「息を限界まで止めてからの大きな深呼吸」

一気に息を吸うことで脳に酸素がいきわたり、血の巡りが良くなって、頭が冴え、目と頭がスッキリします。脳は眠気よりも酸素を得ようと起き上がるのです。


「耳たぶを親指と人指し指でつまんでひっぱる」

まず、耳たぶを親指と人指し指でつまんでに強くひっぱります。
次に、耳の真ん中あたりを親指と中指でつまみ、斜め後ろ方向にひっぱります。
さらに、耳の上部を親指と人差し指でつまみ、斜め上方向にひっぱります。

大体1分ぐらいかけて行います。耳が熱くほてってきます


「ツボを押す」

百会(ひゃくえ)、合谷(ごうこく)、中衝(ちゅうしょう)、風池(ふうち)、晴明(せいめい)、攅竹(さんちく、商陽(しょうよう)、少沢(しょうたく)、労宮(ろうきゅう)

どれも正確にツボを押せているのか?効果は余り感じられませんでした。


「手のひらを押す」

これはツボと言うより手のひらを刺激するということです。


「立つ」

立って仕事や勉強したり、少し歩きまわります。


「カフェインを取る」

コーヒーや紅茶や緑茶のカフェインは即効性はないので、あらかじめ飲んでおきます。 飲みすぎると夜眠れなくなりますが。


「フリスクやガムを噛む」

一時しのぎですね。


「目薬をさす」

薬に頼ってしまうと、依存症になってしまうので、あまりお勧めしません。


「ストレッチ」

伸びをしたり、足の指をグーパーしたりします。


「好きな音楽を聞く」

これは、結構即効性あります。一人でする勉強などは、初めから音楽を聞きながらするとよいですね。


「ピアノを弾く」

ピアノが好きな場合、指も動かすので気分転換と脳の活性化が期待できます。


「洗顔」

一時的ですね。


「仮眠をとる」

20分ぐらい寝てしまいます。効果はありますが、そのまま寝てしまうリスクあります。


「大きな声を出す」

大きな声で歌を歌ったり、叫んだりすると眠気が飛びますが、環境や状況が限られますね。 大きな口を開けるだけでも良いかもしれません。


「換気する」

窓やドアを開けて換気することで、どんよりした空気を新鮮な空気に入れ替えます。


「椅子の高さを変える」

椅子の高さを変えると、視線が変わり脳に刺激を与えます。姿勢を変えるだけでもいいですね。


「身体の一部の体温をさげる」

身体を温めると入眠しやすくなりますが、その逆をやります。 腕全体に水をかけたり、保冷剤を首に当てたりします。 濡れタオルで首・脇の下・脚の付け根を冷やしてもいいです。


「シャワーを浴びる」

効果はありますが、環境を選びますし、面倒です。


「歯を磨く」

めんどくさいですね。


「手足を洗う」

手を洗うのは、トイレ行った時洗いますがあまり効きませんね。 足も洗うことがミソですね。気化熱ですっとします。


「ブルーライトを浴びる」

目や体に悪そうです。



自分にあう方法がないか、色々試してみてください。
別に良い方法を知っていればコメントも!

行動するための4つのコツ

アップルのスティーブ・ジョブズ氏がペプシコーラのジョン・スカリー氏を口説いた有名なセリフがあります。

ただ砂糖水を売って過ごすのか、それとも世界を変えるチャンスに賭けるのか


大きな決断ですね。色々な自己啓発本には「決断せよ」「行動せよ」と書かれています。 たくさんの知識を頭に入れても、実際に行動し、それを継続しないと願望はかないません

しかし、人は怠け者の生き物です。なかなか行動し継続するのは難しいのです。 そこで、行動するためのコツを知って、行動を起こす敷居を低くしてしまいましょう。



行動するためのコツ1:「行動するのではなく、試してみる」

「行動する」という言葉が重すぎるのでしたら、「実験、試験的に、試す」という動機づけとしての言葉を利用します。「ちょっと試してみる」というと、なんとなくできそうな気がしてきますね。



行動するためのコツ2:「理想の自分を思う」

やる気がないとき、行動できないときは、理想の自分を思い浮かべます。

例えば、毎日記事を書くことをノルマと思って書いているとやる気がでません。しかし、自分は「カリスマブロガーで、アルファブロガーであり、みんなが自分の記事を待ち望んでいるんだ」と思って、カリスマを演じ、なりきってしまうと、自分を奮い立たせることができ、行動しやすいのです。

ゆったりと構え、小説家のように「さて、今日はどんな、ためになることを書こうかな」と仕草までなりきってしまいましょう。



行動するためのコツ3:「デメリットに対して行動する」

人間は、メリットがあるから行動を起こすというより、デメリットに対して行動を起こしやすい生き物です。

「お金持ちになりたい」と考えて行動するのではなく、「やらないと一生自由になれない」等と、自分が変化しないことのデメリットをまず考え、徹底的にデメリットにフォーカスします。

このままじゃいけない」という気持ちが、眠っている動物的な本能を呼び起こすのです。



行動するためのコツ4:「計画して時間をあやつる」

計画しないで行動するということは、時間にあやつられてしまっているということなのです。 時間をあやつるために、計画をして行動しましょう。



意識付けを楽にし、理想の自分をイメージし、デメリットにフォーカスし、計画して時間を操ります。 これらの4つのコツをうまく使い、行動への敷居を低くしてしまいしょう。

やるか、やらないかでなく、やり抜く」という気持ちも大切です。最近流行りのGRIT力ですね。 行動ができれば、継続できます継続できればやり抜くことができます



冒頭のスティーブ・ジョブズ氏のスカウトの話ですが、実はジョン・スカリー氏の前にスカウトした人物がいます。それは、IBM PCの父であるドン・エストリッジ氏でした。ドン・エストリッジ氏は破格の条件にも関わらず、IBMマンの誇りをとり、このオファーを断ったそうです。

スティーブ・ジョブズ氏もドン・エストリッジ氏も「情熱」を感じますね。

異性を友人以上にする ちょっとしたコツ

「なかなか友だち以上になれない」という悩みを持つことってありますよね。 幼なじみ昔からの根っからの異性の友人は特にそうです。


なかなか友だち以上に進展しない異性を、うまく自分のほうへ引き寄せる簡単な方法があります。 人のちょっとした心理を利用するものです。


まずは、2人にならないといけませんから、相手を誘います。

困ったときの食事作戦!」がベストです。

  • 映画や音楽やスポーツの分野は、相手の趣味があるので合わせづらい
  • 食べることは、誰にとっても共通に関心があるもの
  • 「おいしい店を知っているから、行かない?」というのは自然であり、相手も受け入れやすい



大事なのはお店選びです。 自分で行ったことがあり、相手が初めてのお店を選びます。

初めての場所というのは、多少の不安と緊張が生じます。その時、誰かにそばにいてもらいたいという親和欲求が生まれるのです。女性は特にその心理が強くはたらきます。

誰かがそばにいてくれることで、緊張や不安を和らげられるのです。 その「誰か」というのが自分であればよいのです。


なじみの美味しいお店なら、自分はリラックスし、相手に対して普段見せることのできない新しい自分を普通に表現することができます。 相手は「あ、こんな面もあるんだ」と勝手に思い込んでくれるので、苦労もせず一歩前進できるのです。



相手を不安にさせることによって親和欲求を生じさせ、自分を頼りになる存在と思わせるというところがキモになります。



世の中の人は意識せずにやっているんでしょうね。 そういえば私も若いとき、いろいろ美味しい店に誘った記憶があります。 裏にこんな心理があったんですね。

ほんとにちょっとしたことですが、効果はあります。


参考:渋谷昌三さんの本