RSS

成功曲線を理解し、モチベーションを維持させる

何かを一から達成する場合、成功曲線があることを知っている方は多いと思います。 ただし、成功曲線を理解しているかどうかは別です。

二次曲線になることが分かっていても「だから何?」となってはもったいないです。 成功曲線をきちんと理解しているかどうかで、モチベーションがガラッと変わってくるのです。


まず「成功曲線」とはどうゆうものかというと、何か新しいことを始めた場合、始めは、なかなか思うようにいかない時期がしばらく続きまが、ある時グググっとできるようになります。

時間の経過を横軸に、物事のでき具合や成果を縦軸にプロットしたものが成功曲線と呼ばれるものです。


一番分かりやすい例は、自転車です。
自転車を初めて練習した時、はじめは何度も何度も倒れてしまいなかなか乗ることができません。しかし、ちょっとしたコツをつかむと、それからすぐに乗れるようになります。

天才ではない限り、すぐにその成果が表れるようなことはありません。いま成果を出している人であっても、実力が伸びない時期を必ず経験しているのです。



成果がでるまでには、とても長い辛い時間がかかります。 多くの人は、やってもやっても効果はないなと思ってしまい、大きな成果を出すまえにあきらめてしまいます

成功曲線というものを知っていれば、フッとできる時が訪れ、そこからグググっと成果がではじめるということをイメージでき、途中で挫折せず頑張れるのです。



いつ、グググっとくるのか? はやくそうなりたいですよね。 自分で引き寄せてしまいましょう。

グググっとくるのは、どうゆうときでしょうか? 楽しくて、没頭するような状態ではないでしょうか。


そうゆう状態、つまり小さな成功体験を要所要所に入れていけば、成功曲線が小さく連続し、階段状に楽しく、モチベーションを維持して進めていけます。

小さな成功をすると、成功曲線というものがわかります。それが理解できれば次のワクワクにつながり、良いサイクルが生まれるのです。


いくら成功曲線といっても、必ずグググっとくるわけではありません。継続することと努力することがともなっていなければなりません。それを少しでも楽しくするために、小さな目標であるマイルストーンをいくつも置いて階段状の成功曲線を作るのです。



正しく目標に向かって、継続して努力すると、成果は必ず遅れて表れてきます

この法則がわかっていると、成功するのは当たり前になります。 何を次の目標とするのか正しく見極めて、必ず成功する道のりを、疑いもなく信じて進んでいきましょう。


成功曲線を知るということは、必ず成功できるという原則を理解しているということであり、モチベーション維持の要なのです。

試練と苦悩を経験することによってのみ成功は達せられる by ヘレンケラー

ヘレンケラー」はご存知のとおり、聴力、視力、言葉を失い、話すことさえできなくなっていましたが、家庭教師のサリバン先生のおかげで、話すことができるようになりました。

私は、映画で「ウォーター」と叫ぶシーンが目に焼き付いています。


その後、ヘレンケラーは、アメリカの福祉活動家となり世界各地を歴訪し、障害者の教育・福祉の発展に尽くしたそうです。

私は、ヘレンケラーのその後は、最近初めて知りました。

サリバン先生がとても優秀だったのもありますが、ヘレンケラー自身が、ある日を堺に何かに気づき、人格や行動を変え、とても素晴らしい人生を過ごしてきたんだと思います。


ヘレンケラーの素晴らしい言葉をまとめたサイトがあります。

Helen Keller Quotes - BrainyQuote



その中から1つご紹介します。


Character cannot be developed in ease and quiet.

Only through experience of trial and suffering can the soul be strengthened, ambition inspired, and success achieved.


「気楽に平穏では人格は高められない。」

「試練と苦悩を経験することによってのみ、魂は鍛えられ、大志が生まれ、成功は達せられる。」



ヘレンケラーの言葉だからこそ、心に響きますね。 人それぞれ解釈があると思います。今回はあえて私が感じた解釈を書きません。

英語の文章を噛みしめてみてください。


  • character(人格、性格)
  • develop(成長させる、高める)
  • ease(楽であること、気楽さ)
  • quiet(平成な、平穏無事な)
  • trial(試練、苦難)
  • suffering(苦痛、悩み)
  • soul(魂)
  • strengthen(強くする、強化する)
  • ambition(野心、大志)
  • inspire(ひらめきを与える、呼び起こす、その気にさせる)
  • achieve(獲得する、勝ち取る)


Character cannot be developed in ease and quiet.

Only through experience of trial and suffering can the soul be strengthened, ambition inspired, and success achieved.



英語を読み取るのは大変ですが、たまには、偉人の言葉を深く読み取って見るのもいいものですね。

考え方を変えてみると、意外とうまくいく

なかなか計画通りいかない胃が痛い忙しくて目が回る

そんな時には、考え方を変えてみましょう



1年単位の目標 → 1日単位の目標

あまりにも遠い目標だと霞んでしまいますが、今日の目標ならこなせそうです。
1km進むのは難しいけど、1cmづづならとても簡単です。少しでもいいので前進するということですね。



仕事をたくさん振られた → 目をかけてくれている

自分の気持を変えてしまいます
「自分の仕事じゃないよ」「聞いてないよ」と思ったら、自分を鍛えてくれている、自分に目をかけてくれているを思います。



やる気がでない → 小さいことを始める

やる気がでないときほど、ちょっと動いてみます。文章を書かなければならないのであれば、1行だけ書いてみます。小さな小さなことでいいので、始めることです。
やる気がでないといって、もんもんと悩み続けることはとっても無駄です。

これよくあるんですよね。まったく乗らない時。 なんとなくネット見ていたりして時間だけが過ぎてゆく。
そんな時、私もこの「小さいことを始める」を利用してます。結構うまく自分をだませますよ。気づいたらガンガン書いていたと。。。



問題が起きた → チャンス!

問題が起きたり、失敗した時はチャンスです。 転んだらただでは起きない。問題や失敗はアイデアの宝庫です。



忙しい → やめられない!

忙しいときはネガティブになりがちですが「もうやめられない!」とポジティブにとらえてしまいましょう。裏に「楽しくて楽しくて」が潜んでおり、忙しさも潜在意識が楽しくしてくれます。



どうしていいかわからない → 楽しい!

どうしていいかわからないということは、何かが決まっていないということです。
「どこに旅行に行こうか?」「何を食べようか?」「どこでデートしようか?」と同じように考えてしまいます。
これから色々決められるのですから、その状態を楽しんでしまおうということです。 気分を変えることができれば、もんもんとしていたときよりも、よりよい結果が得られるはずです。



面倒くさい → あえて小さな面倒をやっておく

世の中面倒なことはたくさんあります。
計算するのが面倒であれば、一度だけ九九を覚える面倒をしてしまえば、後はサッと計算できます。

PCで文字を打つのが面倒であれば、ブラインドタッチを一週間みっちりやってみる。そうすればその後何十年間は面倒でなくなります。

プログラミングも同じですね。毎回同じ処理を手でやるのが面倒なので、プログラムで実行させてしまいます。プログラムを書くのは面倒ですが、その後繰り返し行うのはとっても簡単になります。

私も、Googleカレンダーに予定をいれるのが面倒だったので、とうとうAPIを使って登録できるプログラムを作ってしまいました。作るのは2日ぐらいかかりましたが、これからは、どんなにたくさん予定があってもリスト書いてポンで登録完了です。

ちなみにブログの記事もMarkdownで書いてAPIで投稿しています。極力めんどくさいをなくしています。



考え方をちょっと変えてみると、意外にうまくいってしまうものです。
もんもんとしている自分に気がついたら、別の角度から考え直してみましょう。



参考:ブラインドタッチ できなくてもいいですか? 練習するのは面倒? - gogoToRoTAN