RSS

集中力アイテムと集中効果の高いスキマ時間の活用

一般的に、集中すると効率がよく、より良いものが生まれます。

悪い意味で「凝りすぎ」「没頭(ゲームなど)」「周りへの配慮の欠如」などいろいろありますが、すぐに集中できるスキルは持っていたほうがよいですね。


自分が集中できた時を思い出してください。 学生でしたら「夏休みの最後の1日」、社会人でしたら「プレゼンの前日」など、〆切間近の期間は嫌でも集中しますよね。

ウルトラマンも、3分間のカラータイマーが鳴りだしてからが勝負ですね。


人間は楽することが大好きなので、時間がたくさんあるとのんびりしてしまい、時間が少ないと集中できます。 「時間があまりないから、やらなくちゃ」という焦りが集中力を生みます。 この〆切効果により、最初の取りかかりと最後の〆切間近はやる気や集中力が高まるのです。


集中できる持続時間が仮に5分だとします。最初の5分と最後の5分は集中できたとすると、

  • 時間が1時間ある場合は、頭とお尻で10分集中できるので、効率は10/60=1/6 = 17.7%
  • 時間が15分しかない場合は、頭とお尻で10分集中できるので、効率は10/15=2/3 = 66.7%

15分や30分の時間といえば、スキマ時間ですね。 電車の通学通勤中に、単語を覚えたり本を読んだりするのは理にかなっているということです。



さらに、集中するためのアイテムを決めておくと、集中力のスイッチが入りやすくなります。

人によって落ち着くアイテムがあると思います。寝る時にぬいぐるみを持っていくのと同じように、集中するためのアイテムがあると頭をすぐに切り替えることができます。

  • スタバのコーヒーの香り
  • ベレー帽をかぶる
  • ネクタイをキュッと締め直す
  • 「さてと」と言う
  • 計画をたてる
  • リュックを棚に置く
  • ベータカプセルを取り出す
  • メガネで変身する
  • カラータイマーが鳴り出す

後半はウルトラマンネタですが、自分が変身できるアイテムや仕草を持つとよいということです。



集中力変身アイテムで一気にスイッチを入れ、集中効率の高いスキマ時間を大いに活用しましょう。


参考:一週間だけ、それだけに集中すると驚くべき効果がでる「期間限定一点集中法」

返事一つで印象がガラッと変わる

ちょっとしたイントネーション語尾があるかないか印象が大きく変わるのが言語コミュニケーションです。 親しい人、初対面の人など、状況や環境によっても左右されます。 できれば相手に与える印象は良いほうがよいですよね。


よくあるのが、飛行機内での食事です。「beef or chicken?」と聞かれて「beef」もしくは「chicken」とだけ言ってしまうことが多いと思います。日本人なので英語を喋るのは恥ずかしいのですが、そこは頑張って「beef please」とプリーズを付け足して言いましょう。


年齢を聞かれたときはどうでしょうか?

  • 「24」
  • 「24歳です」

「歳です」を付けたほうがいいですね。


「コーヒー、紅茶どちらにしますか?」に対する返事はどうでしょうか?

  • 「コーヒー」
  • 「コーヒーでいいです」
  • 「コーヒーがいいです」

一番印象がよいのは「コーヒーがいいです」ですね。


ちょっとの省略で印象がガラッと変わってしまいます。 いつも「ぶっきらぼう」な言い方をしていると、いざという時に癖になってでてしまいます。普段から良い印象を与える言葉使いの癖をつけておきましょう。



ついつい使ってしまう言葉に「はいはい」という二度返事があります。 二度返事は人にめんどくさそうな印象と不快感を与えます。

「ハイは一度にしなさい」
「はいはい」
「だから、ハイは一度」
「はい、ハイは一度ですね、はいはいわかってますよ」

話をちゃんと聞いているのだろうか?、小馬鹿にされているのだろうか? もうこの人とは話したくないと思いますよね。

このような対話が続けば、ひとの心は離れていってしまいます。


二度返事のような印象を与えるものに、間延びした返事もあります。 「は~~い」と「はいッ」どちらが好ましいですか?

特に電話で話している時など、知らずにこの間延び言葉で話しがちになります。子どもが話していたらその場で直してあげるのが良いです。


人の心というものは、ちょっとした仕草や言葉遣いにも敏感です。 返事一つで印象がガラッと変わってしまうので、普段から気をつけましょう。



ちなみに、私は、コンビニで「こちらでよろしかったですか」という言葉遣いにはどうしても違和感を覚えます。


参考

マイナスな事をアピールしない

テレビを見ていると「この人嫌い! なんか好きになれないんだよね」
みんなで食事中に「あ、これまずいんだよね。においも嫌い」「こんなまずいものよく食べれるよね」

など、ついつい言ってしまうことはないですか? 自分の素直な感想なのでよいのですが、聞いている方は不快な感じを受けてしまいます。


嫌いなものを発する時、怒りや憎しみの表現になりやすいく攻撃的で刺々しくなります。 周りの人に対しても、自分に対しても、心が疲れてうんざりしてきます。



自虐ネタも、笑いをとる程度であればよいのですが、度を越すと情けないですね。

「おれ病気持ちなんだよ。不整脈で肝硬変があって、コレステロールもこんな。ほらこのでっぽりしたお腹見てよ」

自己満足なのか、注目してほしいのか? まるで子どもの会話ですね。

「あらあら大変ね、おしっこ? おなかがすいたの?」
「たかしちゃんて偉いのね」


たまには、弱音をはいたり甘えるのもよいのですが、普段はシャンとしたいですね。
マイナスな事は、意識してできるだけアピールしないように心がけましょう。

「ここで、こんなこと言ってしまうんだ。空気読めないやつだな」
「あいつと話していると、なんかつまんないんだよね」

と言われていたら、このマイナスアピールが原因かもしれません。



「最近、体の調子が良くてさ~。なんか仕事するのも歩くのも軽いんだよね」
「これ大好き! 美味しんだよね。ほっぺが落ちそう。うま~!」

こんな会話を聞くと、なんだか自分まで生き生きしてきて、笑顔になりませんか。
好きなものをアピールするということは、自分の喜びであり、周りの人も楽しく幸せにするのです。



マイナスな事をアピールしない