RSS

書評 「本音で生きる 一秒も後悔しない強い生き方」 堀江貴文

「本音で生きる 一秒も後悔しない強い生き方」
堀江貴文


最近多いいんでしょうか、デザインの異なる表紙カバーが二重になっているんです。

ホリエモンの本はおそらく初めてだと思いますが、ベストセラー第1位ということと、題名と目次に惹かれて読んでみました。


目次

  • 序章 なぜ、本音で生きられないのか
  • 1章 言い訳をやめる
  • 2章 バランスをとるな!
  • 3章 本音で生きられない理由は「自意識」と「プライド」である
  • 4章 すべてを最適化せよ
  • 5章 本音で生きるために必要なこと


序章には、下記のように書かれています。

本書を読んで、自分にとって必要なことに気づいたら、きっともうこの本はいらなくなる。それがこの本が望む到達点だ

すごいですね。全体的にホリエモン節で書かれていて、それが嫌だという人もいるかもしれません。

「本音で生きる 一秒も後悔しない強い生き方」を一言で表すと、「好きなことをやってゆくホリエモンの生き方」ですかね。


そうはいっても世の中いろいろあって、ホリエモンのように好き勝手にできないのですが、「本音で生きる」という意味を再認識させられました。そして、何か元気づけられたような、「いっちょやってやろうじゃん」という気持ちをくれた本です。



「決める、きめたんだからやる、きめればやる」

ホリエモンは、新しい出会いの場には必ず行くと「決めて」いるそうです。

決めたんだから、行く。

これは新しいことをする時に共通するが、決めれば「やる」ものだ。面倒くさいという気持ちが起こったとしてもそんなものは無視すればいい。
場所に出向いて、自己紹介をして、、、というプロセスを進めていくうちに、いつの間にか面倒くさいという気持ちも忘れてしまっている。
たいていの出会いは楽しいものだ。そして、楽しいほうが大事なのだ。



「この世の中で最も貴重な資源は、時間だ。」

どんな自己啓発本にも書いてあることですね。

時間さえ有効に使うことができれば、自分のやりたいことはどんなことでも叶えられる。
一方、時間を浪費することは簡単だ。言い訳をしたり、誰かの言い訳を聞いているうちに、貴重な時間はあっという間に失われてしまう。



「結局世の中には「やる奴」と「やらない奴」しかいない。」

それがわかっていても、周囲の目を気にして動けないという人があまりにも多い。
自分の人生、なんで人に決められないといけないんですか? もしくは、人に決められたいんですか? 一言でいうなら、「言い訳野郎は立ち去れ」ということだ。

耳が痛いですね。



こんなエピソードも!

猫ひろしさんがオリンピックに出られたのは、ホリエモンのおかげだったということが書かれていました。


猫ヒロシさんが、ホリエモンに相談したのがきっかけだそうです。

ホリエモンが彼の特技を聞いたら、走ることだという。トレーニングをせず、誰にも教わってないのに、バラエティ番組の企画でフルマラソンしたらあっさり3時間切ってしまった。

ホリエモンが相談に乗った時も、前の現場から10kmを走ってやってきたそうです。

ホリエモンは、ちゃんとしたトレーニングを受けたら、2時間半を切るのも夢ではなさそうだと思ったが、日本のマラソン選手の層は厚いので埋もれてしまう。では、日本でなければどうだろう。

ホリエモンの仕事の関係でカンボジアの政府にコネがあったので、こんな会話が。

ホリエモン:「猫さん、カンボジア人になればマラソンの代表選手になれるよ
猫さん:「ああ、それいいですね、やばいすね!

猫ヒロシさんは素直に聞いて、あっさりカンボジア人になってしまったそうです。 ロンドンでは残念ながら出場できませんでしたが、国際マラソン大会では上位入賞をとげ、リオでは活躍しましたね。


ホリエモンのコネクション発想もすごいですが、猫ヒロシさんもあっさりカンボジア人になってしまうところがすごいですね。



本音で生きる」とは、私は「自分らしく生きる」と解釈しました。 プライドや周りを気にするのも大事ですが、ノリや本音の気持ちも大切ですね。

自分らしく本音で生きると、間違いなく楽しいですよね。


「本音で生きる 一秒も後悔しない強い生き方」
堀江貴文



書評 「世界一やさしい ブログの教科書 1年生」 染谷昌利

「世界一やさしい ブログの教科書 1年生」
染谷昌利


ネットで「世界一やさしい ブログの教科書 1年生」の紹介記事を見つけて、衝動買いをしてしまいました。

以前「ブログ飯」という本を書いた染谷さんの本です。

「ブログ飯 個性を収入に変える生き方」
染谷昌利



「世界一やさしい ブログの教科書 1年生」は、教科書というだけあって、内容もページ数もホントに教科書並です。

中学高校の歴史や国語の教科書のような厚さで、実際に測ってみたら2cmもありました。 286ページもありますが、とても読みやすく、まさにブログの教科書です。


読んだ感想を一言で表すと、

ブログで人生が変わるかも!

と思わせてくれるものでした。


私はすでにブログを書いていますが、あらためて「ブログの教科書」を読んでみると、新たな気づきが得られ、なるほど、そうだよねと再認識することもできました。

特に、有名ブロガー17人のインタビュー記事が、とても良かったです。 なんと、このインタビュー記事ですが、1/3ぐらいを占めているのです。

ブロガーからのメッセージが、とても心にしみました。



最初のまえがきだけでも、読んでみてください。 すぐに読みたくなりますよ。


いくつか、まえがきの内容を箇条書きで書いてみます。

  • 自分の得意分野の情報を発信し続ける、たったこれだけのことで自分の人生が変わる
  • ブログという発信手段を使った集客及び収益化
  • 「教科書」の名に恥じないような内容を心がけた
  • いつまでも稼げる方法を身につける
  • 一時期しか使えない表面的なテクニックでなく、基礎体力を養える内容を中心に構成
  • 読者に喜ばれる記事の書き方、ネタの見つけ方
  • ブログを継続する心構え、発信を仕事につなげる方法
  • 地味ではあっても長期間使える、根本の部分を理解してもらえるはずです
  • ブログは参入のハードルが低いツール
  • 誰でもチャレンジすることが可能
  • 自分の努力と工夫次第でいくらでもチャンスを生み出すことを可能にしてくれるのがブログ
  • 稼ぐ力が人生の選択肢を広げてくれる
  • 自分のカでお金を稼ぐ力を身につけることは、これからの時代に非常に重要な能力
  • あなたの人生の選択肢が広がる



「世界一やさしい ブログの教科書 1年生」の本を読んで、ものすごく大事な私の知らない情報を手に入れました。


それは、Googleアドセンスの新規申請についてでした。 今後は、なんと独自ドメインが必要のようです。これはかなり大きな障壁です。

しかし、私も使っているBloggerというGoogleの無料ブログサービスを使う場合はAdSenseに申請ができるようです。


しかし、Bloggerは、ソースがXMLだったり、ちょっとがあります。

はてなブログや、アメーバブログなど普通の簡単な日本のサービスでブログを初めるのであれば、独自ドメインを取得しないといけません。

独自ドメインは、かなりの知識も必要ですし、お金もかかってしまいます。 ちなみに私は、独自ドメインをとっていません。

普通のブログで、どうしてもクリック保証型の広告を載せたいのであれば、「忍者AdMax」等を利用すると良いと思います。「忍者AdMax」であればどんなブログでもOKです。しかも「忍者AdMax」は日本のサービスですし、審査も通りやすいです。

私も一部使っていますが、クリックしなくても、見るだけのページビューのみで収益になるところが良いところです。



書評に戻りますが、 「世界一やさしい ブログの教科書 1年生」という本は、ボリュームがあり「ブログで人生が変わるかも!」と思わせてくれる一冊でした。


「世界一やさしい ブログの教科書 1年生」
染谷昌利

間接褒めで、第三者を感謝させることで、好循環が生まれる

口を開けると文句しか出てこない。 特に家族間では感謝の言葉を発することはあまり無いですよね。

文句を言われた相手は、売り言葉に買い言葉で応戦してしまいます。 これでは、悪循環に陥ってしまい、なかなか良い関係に戻れません。


母「ランドセルはすぐにしまいなさい!」
子「ママだって、前にバッグ置きっぱなしだったじゃない」
母「。。。 パパもパジャマ脱ぎっぱなしにしない!」

過去にさかのぼったり、関係ないパパまで巻き込まれたりしてしまいます。



いつも文句を言っていると、感謝したり褒めるのはちょっと照れくさいし、なかなか口から出てきませんよね。そんな時に良い方法があります。

直接ほめたり感謝するのではなく、間接的に褒めるのです。


母「お父さんに感謝しないといけないよ」
子「え、なんで?」
母「お父さんがランドセルしまってくれたよ」
子「お父さん、ありがとう!」

この間接褒めの良い所は、母も遠回しで父を褒めているところです。 つまり、母も子も父も全員、良い気分になるのです。WinWinWinが成り立ちます。

さらに、流行語のように間接褒めを流行らせ、習慣化されれば、自然に感謝できるようになり、好循環が生まれます。

感謝するためには、先に、必ずお手伝いや良い行いが存在します。相手が欲している事を先回りして行えばこの間接褒めが成立するのです。


ぜひ、自分から間接褒めを使ってみてください。 そして家族内ではやらせてください。

その先には、家族の良い関係良い絆が待っています。