RSS

「天国と地獄」のような寓話は素直に理解する

思いやりをテーマにした「天国と地獄」という「寓話」をご紹介します。


まず「寓話」について、wikipediaで調べてみました。


寓話(ぐうわ)とは、比喩によって人間の生活に馴染みの深いできごとを見せ、それによって諭すことを意図した物語。

名指しされることのない、つまりは名無しの登場者は、動物、静物、自然現象など様々だが、必ず擬人化されている。

主人公が、もしくは主人公と敵対者が、ある結果をひき起こしたり、ある出来事に遭遇する始末を表現する本筋は、なぞなぞと同様な文学的構造を持ち、面白く、不可解な印象を与えることによって読者の興味をひき、解釈の方向を道徳的な訓話に向ける特性を持つ。

民話によく見られるように、物語の語り末には、寓意的な解釈を付け加えることが習慣的に行われてきた。

(wikipediaより)


つまり、教訓をわかりやすく物語にしたものですね。



「天国と地獄」


ある人が天国と地獄を見にいきました。 天国と地獄のどちらでも、テープルにごちそうが並んでいました。

このとき、なぜ地獄でもごちそうが出されているのか不思議に思いました。


不思議な事はもう一つありました。 驚いたことに、長さ3メートルもある箸を使って食事をしているのです。

天国ではみんな幸せそうですが、地獄ではみんなイライラしているように見えました。

なぜ天国でも地獄でも同じ食事が出されているのでしょうか?
なぜ天国と地獄で、人々の様子が違うのでしょうか?

よく観察しているとその答えがわかりました。


天国では、おいしそうにごちそうを食べているのですが、地獄では誰も食べることができないでいるのです。


地獄では、長い箸を使って自分が食べようとするので、誰もごちそうを食べることができません。
天国では、お互いに食べさせ合っているので、誰もがごちそうを食べることができているのです。



天国に行ける人は、思いやりがあり、地獄に行ってしまった人は自己中心的ということだと思います。 教訓としては、思いやりを持ちましょうということでしょう。

しかし、もう少し深く読むと、というか意地悪く解釈すると、 天国では依存しあっていますので、相手がいないと何もできない依存症であり、地獄ではなんとか自分で解決しようとして自立しているともとれてしまいます。


以前記事にしたように、「うさぎとカメ」の話も様々な教訓が読み取れます。

「うさぎとカメ」から学ぶ 3つの教訓 過信、フォーカス、フィールド



このような寓話は、あれこれ考えるのも楽しいのですが、素直に理解して読み解くのが良いのではないでしょうか。

課題変換で、他律を自律に変え、実行力を生みだす

課題変換」がうまくできると、やる気や実行力が生まれます。

課題変換」とは、他律を自律に変えるということです。


他律とは、誰かに言われてしょうがなくやっている、誰かにコントロールされている状態です。
自律とは、課題を自分事として考えて、自分で自主的に行っている状態です。


人は、仕事でも勉強でも、他人に言われるからやるのではなく、目の前の課題を「やりたいからやる」というほうがすぐ行動できますし、やる気もでます。

人間は「やらされている」と受け身に感じてしまうと、脳が抑制されて前頭葉を中心とする「やる気の回路」がうまく働かなくなってしまうことが、脳科学でも証明されています。


どんなことでも、自分自信の課題としてうまく認識することができれば、実行力が生まれます。 課題を、他人事ではなく自分事として意識して行動すること、つまり他律を自律に変えるということが「課題変換」であり、実行力を生み出す源泉なのです。



では、「課題変換」をするにはどうすればよいでしょうか。

それは、自分なりの目標や夢を持つことです。それにもとづいて課題を自分で設定し直します。「自分で」ということが大切です。脳は自分で決めたことなので「自分の課題だ」と実感し、やる気を出すのです。


「まだ宿題やってないの?」と、母に言われた人も多いのではないでしようか。言われるほど、やる気がなくなってしまいますよね。

こんな時「課題変換」が活躍します。 母に言われたからやっているという他律の課題を「将来の夢である職業につくため」というような自律に変換することで、前頭葉の回路が「自分からやろう」という意識に切りかえることができるのです。


この「課題変換」は、時間がかかる作業でもなく、手間もかかりません。 「課題変換」ができれば、後ろ向きの気持ちを前向きに変えることができ、効率もやる気もUpできるのです。

しかし、どうしてもやりたくないこともあります。何もかも完璧に「課題変換」できるわけではありません。意識を少し持つだけでも、作業を軽減できるのではないでしょうか。


上手く「課題変換」できるようになるには、「この課題はどうすれば自分の課題になるのか」というように普段から考える癖をもつとよいでしょう。



課題変換」の応用として、相手に何かをして欲しい時には、相手の立場での課題変換」を行います。相手にとってポジティブな言葉がけをすることで、相手の脳に良い作用を及ぼし望む結果を得ることも可能なのです。

人を気持よく動かすにも「課題変換」は有効なのです。


参考:書評 「結果を出せる人になる! すぐやる脳 のつくり方」 茂木健一郎

物事に対してよい意味付けをすれば、やる気や幸福感を得られる

今、自分が行なっていることに対して、どれだけ思い入れを持っていますか? 勉強、仕事、運動など、ダラダラと行なっていたり、やらされ感でしかたなくやっていることはないでしょうか?


人は、他人から言われて行うより、自分で進んで行うほうがやる気が出て、努力も続けられるのです。

仕事や勉強をすることを変えられないのであれば、自分の意識を変えてしまいましょう。 自分の意識は自由自在です。頭のなかは、何を考えてもどう考えてもいいのです。

嫌な仕事をいやいや行うより、何か楽しみを見つけて行うほうがより幸せになります。 仕事や勉強に対する心かけとして、よい「意味づけ」をしていくという意識が必要なのです。



三人のレンガ職人」のお話です。


完成まで百年もかかる教会の工事現場で、三人のレンガ職人が働いていました。たまたまそこを通りがかった旅の人が、三人のレンガ職人に訪ねました。


「何をしているのですか?」

一人目のレンガ職人は「見ればわかるだろう。レンガを積んでいるんだよ。ああ大変だ」と不機嫌そうに答えました。


「何をしているのですか?」

二人目のレンガ職人は「レンガを積んで壁をつくっています。この仕事は給料がいいのでやっているのです」と淡々と答えました。


「何をしているのですか?」

三人目のレンガ職人は「私は教会をつくっているのです。この教会が完成すると多くの人か喜んで祈りを捧けることでしよう。こんな素晴らしい仕事に就けて、私はとても幸せです」と笑顔で答えました。


この三人のレンガ職人の共通点は、同じレンガ積みの仕事をしているということです。しかし、見た目は同じ仕事をしていても、それぞれの仕事の意味づけはまったく異なっています。

この中で最も幸せなレンガ職人は誰でしょうか? それは三番目の職人ですよね。なぜならこの職人は、よい意味づけをして、仕事に取り組んでいるからです。

一人目はやらされ感を持ち、二人目はお金のためにはしょうがないという義務感であり、三人目は他者の幸せと自分の幸せ感を持っています。



物事に対して自分としての重要感を持つことが大切なのです。 どう思って、どう反応するかは自分次第でいくらでも変えられるのです。

物事に対してよい意味付けをすることで、嫌なことも、やる気幸福感を得ることができます。

脳は自由自在に考え方を変えられます。それなら、より楽な、より幸せになるように考えたほうがお得ですね。


参考:書評 「結果を出せる人になる! すぐやる脳 のつくり方」 茂木健一郎