RSS

人生において、大きな石という重要事項を優先する

人の一生は限られています。
本当にやりたいことに時間をかけていますか?

重要なことを優先していますか? 「7つの習慣」では、緊急ではなく重要なことこそ一番大事であると言っています。


「7つの習慣」スティーブン・R・コヴィー



7つの習慣」のなかから「大きな石」というエピソードを紹介します。 下記の物語を頭でイメージしながら読んでみてください。


普通のバケツ、砂、数センチの小石、こぶし大の大きな石があります。

ある生徒に「このバケツの中に、これらの砂や石を入れてください」と先生が言いました。

生徒は、バケツの中に、まず砂を入れました、次に小石をいれ終わり、大きな石を入れ始めました。しかしバケツには全ての大きな石は入れられませんでした。


先生は、それらを全て取り出し、バケツを空っぽにしました。

先生は、バケツに中に、まず最初に大きな石から入れはじめました。 大きな石は全て入りました。次に小石を入れました。最後に砂をバケツに入れました。 先生は、少しバケツをゆすり、大きな石の隙間に小石や砂を落としました。

全ての砂、小石、大きな石はバケツの中に入りました


先生は生徒に「何か感じるものはありますか?」と問いかけます。



みなさんはいかがでしょうか? 私はこの話を人づてに聞いて衝撃を受け、すぐさま「7つの習慣」を読みました。


7つの習慣」では、このバケツを一週間とし、その中に入れる砂や石が一週間に行う予定を意味しています。大きさはその予定の重要度を表しています。

例えば、砂は、なんとなく見てしまうTVやネットサーフィンです。

大きな石は、自分の将来に大きく関わることや自分にとって価値があることがらです。 例えば、子どもとの時間、自己啓発、将来に向けた夢実現のための作業などです。


小さな細々した予定を先にしてしまうと、重要で大事なことが半分も終わらないうちに一週間が過ぎてしまいます。つまり自分にとって重要な事は先送りされてしまうのです。いつも後まわしにしているとそれは永遠に入れられなくなってしまいます。


さて、答えを聞いたあと、いろいろな大きさの石をどのような順にバケツに入れたいですか?

バケツの単位は、一日でも一生でもかまいません。「大きな石」のお話は、限りある時間を効果的に過ごし、充実した日々を送るためのわかりやすい教訓なのです。

自分の人生の最後に「もっと稼いでおけばよかった」という人はいないはずです。 「家族ともっと笑って、一緒に過ごしておけばよかった」と思うのではないでしょうか?



充実した人生をおくるため、 自分にとって「大きな石」が何なのかを見きわめ、それを優先的にバケツに入れていくことを日々考えて計画し、「大きな石」から行動していきましょう。

書評 「おやすみ、ロジャー 魔法のぐっすり絵本」 カール=ヨハン・エリーン

子どもの寝かしつけに困ってないでしょうか? 「いや、自分自身が最近寝付けないんだよ」

そんな方には朗報です?!。 今回ご紹介する本は絵本です。しかも、ものすごい話題の本です。


おやすみ、ロジャー 魔法のぐっすり絵本
カールヨハン・エリーン


どこかで聞いたことや見たことがありますよね?

  • 読むだけですぐ眠る
  • 心理学的効果が実証済み
  • イギリスの大手メディアに取り上げられた
  • 米英仏スペインなどで続々アマゾン総合ランキング1位
  • 日本発売から1か月で30万部突破、3か月で50万部を突破
  • レビューに絶賛の嵐「3分もしないうちに寝てしまった」、、、
  • TV「世界一受けたい授業」で紹介
  • TV「めざましテレビ」で紹介
  • TV「サキどり」で紹介
  • TV「スッキリ!!」で紹介
  • TV「王様のブランチ」で紹介
  • TV「ノンストップ!」で紹介


これだけ騒がれている本です。私は心理学睡眠にはとても興味があったので、すぐさま購入しました。


最初イギリスでの自費出版だったのが、あれよあれよというまに全世界的に大ベストセラーになってしまったのです。 実際に中身を読んでみると、「なるほど」そうゆうことね。と納得しました。

自律神経訓練法」を知っている方は私と同じ感想を持つのではないでしょうか。 ハッキリいいますと、おやすみ、ロジャー 魔法のぐっすり絵本は、絵本としては、あまりお勧めいたしません。


物語は、なかなか眠れないうさぎのロジャーが、ウトウトフクロウに会いに行くお話です。 お話の半分ぐらいは、心理学的効果とうたっているだけに、暗示の言葉が散りばめられています。

催眠術を物語に絡めて優しい言葉で絵本にしたというのが正しいのではないでしょうか。 自律訓練法を子どもの寝かしつけに応用した絵本ですね。

物語の完成度はとても低いのですが、実験的な本ということ、それでかなりの効果がでているということはとても優れた絵本といえます。

絵本の冒頭には、「ここを強調して読んで」「薄い紫色の文字はゆっくり読んで」などの指示があり、より効果を生むように工夫されています。


これだけの大ベストセラーになっているので、効果はあるといってよいでしょう。 「自律訓練法」の本とあわせて読んでみるととてもよく理解できると思います。



自律神経訓練法」についてちょっとだけ記載しておきます。 下記の暗示をリラックスした状態で順番にイメージしていきます。

  • 「腕がおもた~い」
  • 「腕があたたか~い」
  • 「鼓動がしずか~になみうっている」
  • 「呼吸がとてもらく~になってきた」
  • 「おなかがあたたか~い」
  • 「背中ががあたたか~い」
  • 「おでこがすずし~い」


おなかや背中に関しては、本当は「太陽神経」のことを指しますが意味がよくわかりませんよね。ですので、分かりやすい言葉に置き換えています。

子どもを寝かしつけるときに、上記をゆっくり順番に言ってあげると、最後までいかないうちに寝てしまいます。

心を落ち着かせたり自己催眠をする場合にはとても有効です。


おやすみ、ロジャー 魔法のぐっすり絵本にも、「おもた~い」「へとへと」などの言葉がたくさん使われています。


おやすみ、ロジャー 魔法のぐっすり絵本
カールヨハン・エリーン


気になる方は本屋さんで立ち読みしたり、買ってみてください。 私はとても気になったので買ってしまいましたが。

離れて暮らす両親に、孫の顔とおせっかい

離れて暮らす実家の親とコミュニケーションをとっていますか? おそらく耳が痛い話ですよね。

実家の親が、オレオレ詐欺耐震設備詐欺マイナンバー詐欺にあっていないかとても心配です。

しかも、たちの悪いことに、親は、詐欺に限りなく近いのにそれを認めない話をしてくれない話を聞いてくれないと、ないないづくしです。

私も例外にもれずです。



そんななか、読売新聞のコラムにとても良い話が掲載されていました。 ポイントを箇条書きで書いてみます。


  • 離れた実家に母を持つ女性(私)が主人公
  • 実家の母が太陽光発電を契約しそうになった
  • 私は反対すると、母が私を悪者扱いにした
  • 私はショックを受けた

良かれと思って注意しても、「いい人だから」「悪い人に見えなかった」あげくの果ては「私のお金でしょう、うるさく言わないで」となってしまいます。


  • 母は、業者の説明を聞いて契約する気になった
  • 母は、電話で私に確認した
  • 母は、「やったらいいんじゃない」と後押しが欲しかった

年齢を重ねると、頑固になるんですよね。特に家族など、より身近な人の意見を聞こうとしません。 それでも、なんとか説得したのでしょう。


  • 母の年齢を考えると賛成できない
  • 母は、一度はやめると決めた
  • しかし、また母から連絡が来た
  • 「かわりにことわって」と頼まれた
  • 休日に実家に帰った
  • 業者に断った
  • 業者は「後悔しますよ」「近所の人もしていますよ」と引き下がりません
  • 母は、逆に「何回も来てもらったのにすみません」と業者にあやまる始末
  • 私1人が母の契約を邪魔した悪者なの?
  • 私は、業者にも腹が立ち、母の態度にも悲しくなった

この手の業者はしつこいですよね。 ハッキリ断ればいいのですが、変な断り方だと後で何かされるのではないかと心配になります。 丁重に丁寧にキッパリ断らなければなりません。



この女性は、たまりかねて相談しました。 ここからは読売新聞の記事を引用します。


「心配で色々動きましたが、もう放っておいた方がいいでしようか?」

放っておくなんて、とんでもない。より一層かかわらなくてはいけません。 老人を食いものにしようとする悪徳業者もいる時代です。

子がしっかりと親を守らなくては。万が一の時、バカを見るのは娘のあなたなのですよ。 母上が業者にお愛想を言うのは、へつらったわけでなく、年寄りの防御本能です。

一人で生活していると、いじわるをされるのではないか、仕返しされまいか、と何かとおびえるのです。 堂々と胸を張っていればよい、と注意してもだめです。弱い者には通じません。母上はきっと寂しいのでしよう。あなたにかまってほしいのです。

年寄りが面倒を起こすのは、判断力がにぶくなっているせいもありますが、根本のところでは、小さな波風を立てることで、家族の関心を集めたいという欲がある、と私はみています。

そう考えると、怒ったり、文句を言ったりしてはかわいそうです。 むしろ必要以上に母上と会話をし、おせっかいをやくことです。


身内だからこそ、言いにくいことも言えます。心の奥そこに届くようなおせっかいもできるのです。 面倒がらずに、一番の味方になってあげてください。

私もこの記事を読んで考えさせられました。

私の母は、同じ事を何度も、何度も、何度も、何度も言ってきて、とってもわずらわしいのですが、一週間に一度の電話だけでなく、実際に会って話をすることが大事だということを身にしみました。


孫の顔を見せるついでに、愛情のこもったおせっかいをたくさんやきましょう。