RSS

依頼のコツは、相手を気持よくする

全ての事を自分ひとりで行いますか? それはとても難しいことですよね。

家庭では家事を分担したり、会社では部下に仕事を任せたりします。

ひとりで何でもかんでも背負ってしまうと、余裕がなくなり正しい判断もできなくなってしまいます。

人に頼めることはお願いし、得意なことは逆に引き受けて、人は支えあって生きています。 頼まれた相手も成長することができますし、お互いうまくやっていけたらいちばんいいですね。


人に任せたり頼むときにはちょっとしたコツがあります。

任せる側がコツを使えば、任される側も任せる側もハッピーになります。

妻に「洗濯物干して」と言われて干したけど、「片寄ってるじゃない」「私のパンツは中側にほしてよ」と文句を言われ、夫は「あ~やらなければ良かった」、妻は「頼むんじゃなかった」となりがちですが、ちょっとしたコツを使うことで、お互いがハッピーになれるようにしてしまいましょう。



依頼時のコツ

  • 依頼の目的を共有する
  • WHAT(何をすべきか)は示すが、HOW(どうすべきか)は任せる
  • 相手にホワイトスペース(余白)を与える
  • 依頼内容は、相手のレベルに合わせる
  • 依頼内容が、相手の利益にもなると気づかせる


何をして欲しいのかを相手ができる範囲で頼み、やり方は相手に任せましょう。 人を育てるには、相手に遊び(余裕)を与えることが大事です。

簡単にいうと、細かいことまで口をださないということです。

洗濯物を干す事を頼む場合、目的ははっきりしていますので、「シャツは裏返して干して」など必要最低限のルールのみを伝えます。

「パンパンしてから、首が伸びないように引っ張らないで、靴下は揃えて、バランスよく、10時までに干して、パンツは2つのピンチで挟んで、、、」言いたいことは山程あると思います。しかしそこはグッとこらえて、1つか2つまでにしましょう。少しずつ1年かけて育てていくようなイメージです。

相手を信頼し信じることで徐々に成長していきます。 また、相手のメリットや利になるような事がある場合には、それも合わせて伝えるとより効果的です。



依頼後のコツ

  • ある程度(70%ぐらい)の出来で満足する
  • 結果より行為に感謝する
  • 手柄を全て奪わない


依頼後は、しっかりしたフォローが大切です。

結果がどうであれ、まずはやってくれたことに対して感謝しましょう。 「ありがとう」だけではなく、「忙しいところ、快く引き受けてくれてありがとう」と、感謝とともに相手が寛大であったことも伝えるとよりよいです。

結果についてダメ出しした後でいくら感謝しても、次はもう引き受けてもらえないでしょう。

自分が思っていることと相手が思っていることは一致しません。 相手が良かれと思ってやったことが自分にとってNGなことは多々あります。そこは、相手の立場を理解したうえで少しずつ修正していけばよいのです。

目的が達成されたのであれば、誰の手柄でもいいはずです。全て自分のものにしてはいけません。



気持よくやっていただく」という謙虚さと「ほんとうに助かったよ」というありがたさを伝えることが大切なのです。

人間の免疫力はとても優れている 体を温め穏やかに過ごそう

人間の免疫力はとても優れています。 免疫力とは、病気を自分自身で防いだり、治そうとする力です。

「ほとんどの病気は薬では治らない」と唱える免疫学者もいるぐらいです。

急性の感染症にはが効果的ですが、慢性病は自己治癒力に頼ることが多いのです。 漢方薬に似ていますね。



夢や希望をかなえるには、情熱や努力も必要ですが、健康であることが大前提にあります。 不摂生をせず、適度な運動をすることとともに、免疫力を高めることが大切です。


身近な人がガンになると、ワラをもすがる思いでいろいろな事を試します。その中には免疫力を高める方法も必ず入ってくると思います。

ガンのような病気にかかるのは、免疫力が下がっているためです。免疫力が普通であればガンにはならないのです。免疫システムが、人間の体を常に修復し続けているからです。



常に健康でいるためにはどうすればいいでしょうか? それは、普段から免疫力を高めればよいのです。

免疫学は、まだまだ発展途上ですが、よく言われる免疫力を高める方法を3つお伝えします。

  • 薬は非常時だけに飲む
  • 体を温める
  • 楽天的な心をもつ


風邪やインフルエンザで体温が上がるのは、白血球が細菌やウイルスと戦っているためです。ものすごい高熱で苦しい時は別として、自分の免疫力を信じて体を冷やし過ぎないほうが良いのです。

体温が1度下がると、免疫力は30%低くなるといわれています。



自分には、素晴らしい免疫システムがあるということを再認識し、 体を温め、できるだけ穏やかに過ごしましょう。

ドリームキラーは、自分自身の心であり、目標達成進捗指標でもある

世の中にはドリームキラーがいることをご存知でしょうか。 世の中の半分以上はドリームキラーだと思います。いや、捉え方によっては、ほぼ全員かも知れません。

おそらく、自分自身も少なからずドリームキラーになっていると思います。


誰かが「私は将来、総理大臣になる!」といった時どう思いますか?。「おー、がんばって!」と表では言ったものの、心のなかでは「そんなのなれっこないよ」と思ってしまうのではないでしょうか。

そうだとすると、あなたはドリームキラーの予備軍です。



ドリームキラーとは、夢を壊す人のことです。

夢や目標に対して、「絶対に無理じゃない」「うまくいかないよ」と言ってくるような人です。

悪気はないんです。夢ヘの邪魔をしている自覚はなく、逆に相手のことを思って、言ってくれていることがほとんどです。「苦労しても報われないよ」と心配してくれているのです。

ドリームキラーは、本気で心配してくれる人が多く、一番身近で影響力が強い、家族や親友がなりやすいのです。



ドリームキラーは他人に限ったことではありません。自らがドリームキラーになってしまうこともあります。

人は、現状がそこそこ幸せであれば、なるべくこのままでいたいという潜在意識があり、自ら進んで事を起こそうとしないと、なかなか前にすすまないものです。



ドリームキラーに否定し続けられると、「やっぱりこれが現実か」「どうせ。。。」というように心が折れてしまいます。

「なにくそ!」と思えればいいのですが。そうです。自分の目標を達成するためには、ドリームキラーに操られないような強い心を持たなければいけません。



ドリームキラーに対して、3つの対策方法があります。

  • 夢をドリームキラーに語らない
  • ドリームキラーが周りにいることを認識する
  • ドリームキラーを達成度を測る指標とする


夢を語らなければ、否定することもできません。しかしこの対策はお勧めしません。 ドリームキラーを逆に活用してしまいましょう。

ドリームキラーは、自分の周りにたくさんいます。 ドリームキラーの反応を観察することによって、自分の夢がどれくらい目標に近づいているかどれくらいの本気度にあるのかがわかるのです。

ドリームキラーは、自分自身の不安や疑いの心を映し出しているのです。


ドリームキラーを指標にするには、ドリームキラーに負けない心が必要です。 負けない心を持つには、強い意思と情熱が必要です。強い意思と情熱があれば目標は成し遂げられます。

やりたいことだからこそ、好きなことだからこそ、妨害に屈しずやり続けられるのです。


強い意思と情熱は、「自分らしさ」を捨てずに、隠さずに全面に出していくことで生まれてきます。

他人にコントロールされるより、自分自身でコントロールするほうが楽しいに決まっています。あーだこーだ言われても、「自分らしさ」を出し、強い意思と情熱をもって目標に向かっていきましょう。



ドリームキラーを嫌うのではなく、受け入れ、うまく利用してしまいましょう。