RSS

ステスルケアや、ちょい足し運動で、健康を保つ

幸せをつかむには、成功やお金だけではありません。 健康でいることが大切です。


日々健康的な運動は行なっていますか? わかっているけど、なかなかできないですよね。

人には、健康維持を行う上で、妨げとなる2つの性質があるのです。



1つ目は、 人は、困るまでなかなか動かない、動けない性質を持っています。 普通に生活できているのであれば、なにもしないのです。


来週健康診断があるので、お酒を控えよう。 人間ドックの結果で、コレステロールが高かったので、 油物やチョコレートを控えよう。

このように、何か起こってから健康のことを考えるのです。



2つ目は、 人は、理由があるとつまらなくなるという性質です。

勉強しなさいと言われると、やる気が無くなります。 健康に良いビールです。と言われると、とてもまずそうです。



困らなくても実行でき、理由がなく続けられる健康法があるのです。 それが、ステルスケアです。

ステルスという飛行機があります。 この飛行機は、レーダーに引っかかりにくい特殊な形をしています。

ステルスとは、隠密とか、こっそり行うという意味です。


ステルスケアとは、 わからないように健康を向上させてしまおうというものです。

駅にロードランナーを置いておき、 ある一定の距離を走ったら切符が無料になるという実験をしたところ、 喜んで運動をした人が多かったそうです。



このような、インセンティブをもたせたり、 特殊な環境を常に作ることは難しいですね。

では、普段私達はどうすればよいでしょうか。 全くわからないようにするのは難しいので、 ちょい足し運動健康を維持するのはいかがでしょうか。


ちょい足し運動とは、 普段の何気ない行動に運動要素をちょっと足すことです。

例えば、

  • 歯磨きをする時や掃除機をかける時、利き手と反対の手で行う
  • エレベーターを使わず階段を使う
  • 少し早歩きをする
  • 普段より5cm大股で歩く

ちょい足し運動なら毎日行えるし、簡単にできそうじゃないですか? 私は、上記すべて実践しています。

ただ、ちょっとずるして階段を使わず、 エレベーターを歩いてしまってます。



いくらお金持ちになっても、寝たきりではなにもできません。

病気を治すことよりも、 病気にならないことに価値があります。


色々工夫して、ステルスケアちょい足し運動で、 普段から健康を維持しましょう。

「かさけって」 大事なものは語呂で確認

朝、バタバタしていると、 携帯を忘れたり定期を忘れたりすることはないでしょうか?

特に、寝坊して、朝時間が無かったり、 いつもと別の用をしていた時など。


私の家族も、家の鍵を忘れてしまうことがありました。

妻から、「早く帰ってきて、家の中に入れないの」 と催促メールをもらい、すぐさま帰った経験があります。

普通は、鍵をかけて家を出るので、めったに忘れないのですが、 妻が、私よりも早く家を出る場合は、私がまだ家にいるので、 鍵をかけずに出ていきます。 そのため、忘れてしまうんですね。



では、忘れ物をしないようにするにはどうしたらよいでしょうか?

簡単ですよね。 家を出る前に、持ち物を確認すればよいのです。

毎日同じことを確認するので、 語呂を作ってしまうと、簡単で便利です。



といことで、私は、語呂を作りました。

かさけって

です。


  • か → 鍵
  • さ → 財布
  • け → 携帯
  • て → 定期

となります。 また 「かさ」 → も意味をもたせています。


かさけって」 → 鍵、財布、携帯、定期、傘

簡単ですよね。人それぞれ持ち物は違いますので、 オリジナルの語呂を考えてみると良いです。



明日の朝は、「かさけって」と唱えてみましょう。

書評 エロイーズ (本当のワタシを探して) ペネロープ・バジュー&ブレ

「エロイーズ (本当のワタシを探して)」
ペネロープ・バジュー&ブレ


「エロイーズ」は、コミックです。

書店で、ふと、眼に止まった本の表紙。 私は、一瞬で一目惚れしました。

すぐに、中をペラペラめくり ペネロープ・バジューさんの他の作品も全て探して比較しました。

「エロイーズ」が一番でした。


「エロイーズ」は、本の中身でなはく、 イラストに惚れて、衝動買いした本です。



家に帰り、 ペネロープ・バジューさんについていろいろ検索してみました。

パリ生まれのイラストレーターで、結構有名な方でした。 「ジョセフィーヌ」というシリーズがヒット作のようです。


ペネロープ・バジューさんは、 フランスで、社会に影響力のある女性100人に選出され、 個人のブログも持っています。



「エロイーズ」は、最後の数ページで、 読者に、大きな投げかけをしてくれます。

いろいろ感じ方があると思いますが、 私は、人生を幸せに生きる1つの方法だと思います。

コミックなのですが、イラストを眺めているだけで幸せになり、 最後には、何か考えさせてくれる素晴らしい本です。


突然記憶を失ってしまったエロイーズ
試行錯誤しながら自分というものを探してゆく物語です。

ぜひとも、 ペネロープ・バジューさんのイラストを 十分に隅々まで堪能しながら見て、読んでほしいです。



「エロイーズ (本当のワタシを探して)」
ペネロープ・バジュー&ブレ