RSS

自分の価値観を見極め、自分の軸をもち、自分らしさをだす

人は、誰でも、周りの目を気にして行動をします。

自分の考え方と周りの状況により、 判断したり、行動を起こしたりしているのです。

人を気遣ったり、言いたいことを我慢したり、 逆に、意見を通したりします。


気持ちや考えや行動について、押したり引いたりする判断基準は どこにあるのでしょうか?

周りに影響されてしまうと、 他の人の意見に振り回され、言いなりになってしまいます。

押すにしても、引くにしても、自分の軸をしっかり持っている事、 つまり判断基準の土台が、しっかりしていることが大切です。


自分の軸をもつには、 自分の価値観をみつけ、その価値観に沿って行動します。



価値観とは、なんでしょうか?

生きがい、欲求、一番大切な気持ち、ちょっと違うような感じですね。
価値観とは、自分の判断基準のベースとなる考え方です。


欲求価値観の違いは、継続性にあります。

家族と一緒に暮らすマイホームが欲しいという場合、

マイホームが欲しいという気持ちは、マイホームが手に入ると消えてしまいます。 しかし、家族と一緒に暮らしたいという気持ちはずっと残ります。

家族と一緒に暮らせないのならマイホームは必要ないと判断するかもしれません。

欲求とは、手に入れたいものや、実現したいことであり、 価値観とは、評価する際の価値基準になります。



価値観をしっかり持っていれば、 明確な判断をし、適切な行動ができるようになります。 ぶれない自分を手に入れられるのです。

価値観に沿った目標を持ち、価値観に沿って行動することは、 後悔のない、幸せな人生を歩めるということです。



では、自分の価値観はなにか? ざっくりすぎて、よくわからないのではないでしょうか。

自分の価値観を探るための質問をいくつか紹介します。 じっくり考えて、自分の価値観を見極めてみてください。


もし、自分の資産が100億円以上あり、あと5年も生きられないとしたら、 今やっていることをやり続けますか?

自分が亡くなった後に、誰に何を残したいですか?

自分の人生が残り3日しかなかったら、この3日間何をしますか?

子どもの頃からワクワクしてきたのは、どんなことですか?

どんな時に心からの満足感や喜びを感じますか?

我を忘れて、没頭したものはなんですか?

10年後、どんな人になっていたいですか?

失うと生きる気力がなくなってしまうものは何ですか?

どんな人を尊敬していますか?


余命わずかだったとしたら、何をしますか?という問いの答えは、 今すぐに、できることですか?

おそらく、人に優しいことでしょう。 それを、どうして自分の一生をかけてやろうとしないのでしょうか?



自分の価値観が固まると、受験、就職、結婚、退職、起業など 人生の節目、節目で、正しく、後悔しない判断ができます。

一番大切なことを、最初に実行したり考えて行動することは、 とても勇気がいることです。

しかし、 勇気をもって、価値観に基づいた生き方をしたときに、 心からの幸せをつかむことができます。


私は、価値観に従って生きることが、 一番重要だと思っています。

自分を抑えこむことなく、 自分らしさを出せるからです。

インセンティブは、あらかじめ与えておく

インセンティブという言葉を聞いたことがありますか?

インセンティブというのは、 やる気を引き出すための刺激や誘因のことです。

簡単な言い方をすると、「あめとむち」です。


人は、なぜ仕事をするのか? 主な理由は、生活資金を稼ぐためだと思います。

つまり給料が、仕事をするための動機付けになっており、 インセンティブになっているのです。


子どもに対しても、 100点とったら、おもちゃを買ってあげると約束したとすると、 おもちゃインセンティブということになります。



さて、ここで問題です。

A もれなく10000円もらえる
B 50%の確率で20000円もらえるか、0円もらえる

AとBで、どちらが良いですか? 通常は、何ももらえないかもしれないよりも、 必ずもらえるほうが良いので、Aを選びますね。


では、次の問題です。

20000円予め持っているとします。
A 10000円、必ず罰金としてとられる
B 50%の確率で20000円とられるか、何も取られない

これはどうでしょうか? 何も取られたくないので、賭けになってしまいますが、 通常は、Bを選ぶのではないでしょうか。


上記の問題を相当数の人に試した所、 何かを貰える場合は、必ずもらえる方を選び、 何かを失う場合は、確率的に低くても何も取られない場合がある方を選びます。


これは、心理学でいうところの「損失回避」にあたります。

人は、失うもののほうがダメージが大きいのです。 人は、持っているものを失いたくないという心理が働くのです。

1000円拾って、1000円なくすというのは、プラスマイナス0円ですが、 まったくイコールではないということです。



子どもに、ご褒美を与えて勉強をするようにしたければ、 初めにご褒美をあげてしまうのです。

そして、点数が下がったら取り上げるよ。と約束します。

心理的には、こちらのほうが効果が高いのです。 インセンティブは、あらかじめ与えておくということですね。


しかしながら、とられるかも知れないというストレスが大きいのではと思います。 個人的には、ご褒美として、後でもらったほうが嬉しいですね。

お金や物による動機づけより、 成長や向上心などの内的動機付けがあれば一番よいのですが、 なかなか、世の中きれいにはいきません。

そんな時は、損失回避という人間の心理も上手く使って幸せをつかみましょう。

お金の価値は、状況や言い方ひとつで変わる

1万円といったら、大金でしょうか? 人によって、いろいろ取り方が異なると思います。

ひと月数百万円稼いでる人にとっては、はした金に見えるかもしれませんが、 普通は1万円と言ったら大金ですね。


では、1円はどうでしょうか? いまでは、落ちていても拾うのが恥ずかしいですね。

明治時代の1円はどうでしょう? 今の価値にすると、ものすごい大金ですね。



時代や価値感お金の価値は変わりますが、 言い方1つでも、お金の価値は変わってしまうのです。


ある会社で、よく頑張ったということで、 部長さんが、慰労のためということで、部下に1万円を渡しました。

ケース1 「飲み代に使ってきてくれ」といいながら渡した。

ケース2 「お茶でもしてきてくれ」といって渡した。


ケース1の場合は、 人数によりますが、1万円で飲めるはずがないとグチってしまいそうです。

ケース2の場合は、 お茶代にこんなに! と太っ腹だなあと思いますよね。



同じ時代、同じ価値観であっても、 状況や言い方によってお金の価値を上手くコントロールできるのです。

ちょっとしたテクニックですが、 逆に言うと、言い方ひとつで、損をしてしまうことになりかねません。


お金だけに限らず、謝罪や感謝の気持ちを伝えたりする場合も、 その価値が最大限生かせるように気を使いましょう。