RSS

書評 あなたのまわりの「コミュ障」な人たち(ディスカヴァー携書) 姜昌勲

「あなたのまわりの「コミュ障」な人たち(ディスカヴァー携書)」

姜昌勲


この本は、片付けが上手くできない人、 ADHD自閉症スペクトラムの症状を持った方等との コミュニケーションの取り方を、精神科の先生が語った本です。

しかし、このような自閉症など特別な症状をもっていなくても、 自分自身を含め、自分の周りには似たような人が必ずいます。

人は、少なからず個性を持っていますし、いろいろな考えを持っており、 自分と同じように考えたり、対応してくれるとはかぎりません。


そうゆう意味で、この本は、

  • 何度いってもちゃんとやってくれない人がいたり
  • 言うことを聞かない子どもの対処方法が知りたかったり
  • 人と上手くコミュニケーションがとれてないなと思ったり
  • 自分が上手く対応出来ていないと感じた時に

自分に当てはめ、立場を変えて読んでみると、 かなり参考になると思います。



いくつかポイントを抜粋します。


その人にしかない独特な特徴の表れを 「周囲になじまず困ったヤツ」とするか、 「天から授かった大切な個性」とするかで、 人間関係は劇的に変わってきます。

「困らされている」ということから「楽しませてくれている」と、 自分自身の視点を変えて、ポジティブに転換できるはずです。



同じ労力を使ったとしても、 事前にその行為の目的を説明し、理解を得た上で行うとの、 予告なしで行うのとでは、全く違った効果が得られます。



自負は常に他人の感化によって強化されます。

つまり、会話の波長をあわせるということ、 それも表面的な波長合わせではなく、感情体験を共有するのです。

例えば、ほめてもらったら、 「そんなことないですよ。」ではなく、 「ありがとう、うれしいです。」 と肯定的な感情と言葉でやりとりします。



1回の指示は、1つか2つのタスクにとどめる。 3つ以上のタスクを指示すると、 優先順位がわからなくなり混乱をまねきます。

指示は、できるだけ肯定文にする。 否定や2重否定は混乱のもとになります。

「~しないように」ではなく、「~すること」というようにする。

指示後、そのタスクが完了したら、 しっかりフィードバックする。
相手の行動を評価し、ほめるポジティブフィードバックが有効です。

成功体験を積み重ねることで、自信につながります。



目標設定は小さく、 スモールステップアップするようにします。



話し合いをしたら、お互いにメモをとります。 耳で聞いたことは忘れやすいのですが、 目で見たことは覚えやすいからです。



人の心は見えません。 ガラスのコップではなく、中身が見えないコップをイメージしてください。 他人からは、相手のコップの中身は見えないのです。

水が注がれた時、水があふれたら、 それは、最後に注がれた水が原因ではなく、きっかけにすぎません。

日々注がれた水を定期的に排水し、ストレスを解消するプロセスが大事です。



それぞれ、コミュニケーション障害者に対する対応になりますが、 普段のコミュニケーションを上手くやっていくコツとして 大いに活用してみてください。



「あなたのまわりの「コミュ障」な人たち(ディスカヴァー携書)」

姜昌勲

一番を目指すのと、そこそこを目指すのでは、全然違うものができる

何かをがんばる時、 そこそこを目指しますか? 一番を目指しますか?


例えば、

テストなら、100点を目指して勉強するのか、 70点ぐらい取れればいいと思って勉強するのか。

徒競走なら、一番を目指して練習するのか、 ビリににならなければいいやと思って練習するのか?

Webサイトを立ち上げるなら、 一番のアクセスを目指すのか、そこそこを目指すのか?


何かをがんばるのであれば、一番を目指してがんばるほうが 最終的な成果物は、断然よくなります。

せっかくがんばるのであれば、一番を目指しましょう。



もう一つ分かりやすい例をあげます。

家電量販店売り場を想像してみてください。

一番売れているものは? と店員さんに聞くことはあると思いますが、 二番、三番目に売れているものは、滅多に聞きませんよね。


日本で一番高い山は? 富士山です。 では、二番目に高い山は?


一番にはそれほどの価値があるのです。


価格コムや、楽天で買い物する時、 他店より1円でも安いお店を見つけようとしますよね。 お店側も必死で、1円でいいので他店より安くし、常に一番を狙っています。



小さな一番でいいのです。 小さな一番を積み重ね、 本当の一番を勝ち取りましょう。


それには、 ここぞという時には、一番を目指すこと。

なんとなくやりたいことをやるのではなく、 一番を目指してみると、心に変化が現れ、 モチベーションもアップできます。



一番という、 強力な魔力を利用してしまいましょう。

普段だからこそ、自分を磨き続ける

夏休みやゴールデンウィークなど、 比較的長い休暇は、旅行を計画すると思います。


それと、時間がたっぷりあるから、

部屋を片付けよう!
たまってるTVを見よう!
やりたかった事をやろう!

と思ったりもしますね。 しかし、計画を立てて見たけれど、

お休みは、あっという間に終わってしまい、 あまり思うようにできないことが多いのではないでしょうか。


長いお休みに、普段できない事をやろうとするのではなく、 普段の生活の中で、やるようにしたほうがよいのです。


普段だからこそ、自分を磨き続けるのです。



自分を磨くとは、どうゆうことか?

あの有名な7つの習慣から、 第七の習慣刃を研ぐ」について、エピソードを1つ引用します。



森の中で、きこりが木を倒そうと、 何時間もノコギリをひいていました。

木はなかなか倒れません。 きこりは、へとへとに疲れてしまいました。


その時、ある人が、きこりに言いました。

「少し休んで、そのノコギリの刃を研いだらどうですか?」
「そうすれば仕事がもっと早く進みますよ」


きこりは答えました。

「刃を研いでいる暇なんてないさ。切っているだけで精いっぱいだ」



このエピソードは、目の前の仕事を急ぐあまり、 刃を研ぐ時間を作ろうとしないことで、 結果として、遠回りになってしまうというものです。

時間とって刃を研ぐことは、 ちょっと遠回りや寄り道みに見えるかもしれませんが、 結果として、これからの未来は、もっと楽に、もっと早く 実行できるようになるのです。



刃を研ぐ」とは、自分磨きをしましょうというたとえです。


人生に立ち向かうために使える道具は、
自分自身しかないのです。


自分自身を磨くことは、 人生における豊かな収穫をもたらすのです。


自分を磨くことに、もう少し時間を投資してみましょう。


大統領であるリンカーンも、

「木を切り倒すのに6時間もらえるなら、 私は最初の4時間を、斧を研ぐことに費やしたい」

と言っていました。



長い休みだからやってみようではなく、
普段から、歯を磨くように、自分磨きもしましょう。