RSS

幸せに生きる方法を教えてくれる「般若心経」とは

般若心経は、「はんにゃしんぎょう」と読みます。 正式名称は、「般若波羅蜜多心経」(はんにゃはらみったしんぎょう)です。


般若心経は、あやしい秘密めいた難しい仏教の教えで、 難しい文字がたくさん書いてあるイメージではないでしょうか。

おそらく、般若心経という名前だけは聞いたことがあると思います。 ドラマでは、写経するシーンがよく出てきますね。

色即是空(しきそくぜくう)という言葉も知っていますよね。 これは、般若心経に出てくる言葉なのです。



仏説摩訶般若波羅蜜多心経
ぶっせつまか はんにゃはらみた しんぎょう

観自在菩薩
かんじざいぼさつ

行深般若波羅蜜多時
ぎょうじんはんにゃ はらみったじ

照見五蘊皆空
しょうけんごうんかいくう

….

色即是空 空即是色
しきそくぜくう くうそくぜしき

….



しかし、般若心経をわかりやすく現代語訳すると、 なんと、般若心経は、誰でも幸せに生きる方法だったんです。

現代語訳で、ラップのようにわかりやすく訳してあるサイトがあります。 一部を抜粋させていただきますと、


超スゲェ楽になれる方法を知りたいか?
誰でも幸せに生きる方法のヒントだ。

もっと力を抜いて楽になるんだ。
苦しみも辛さも全てはいい加減なさ。
安心しろよ。

….

生き方は何も変わらねえ。
ただ受け止め方が変わるのさ。
心の余裕を持てば誰でもブッダになれるんだぜ。
この般若を覚えとけ。
短い言葉だ。

….

『唱えよ、心は消え、魂は静まり、全ては此処にあり、全てを越えたものなり。』
『悟りはその時叶うだろう。全てはこの真言に成就する。』

心配すんな。大丈夫だ。



なんだか、とても身近に感じますね。

般若(はんにゃ)とは、平たく言えば、さとりということです。 般若心経は、「ほとけさまが修行をしていた時に」と、初まります。

世の中のものは、全て「」であり、 生まれたり、消えたりもせず、全て移り変わってゆくものです。 ただ、受け止め方が違うだけ。 なので、固定概念にとらわれず、楽に生きましょう。

ということではないでしょうか。


ちなみに、怖い鬼のようなお面の般若は、 般若坊というお面職人の名前からとったものです。

<参考>


書評 「赤毛のアン」 L.M. モンゴメリ/村岡花子(翻訳)

「赤毛のアン」
L.M. モンゴメリ/村岡花子(翻訳)


「赤毛のアン」は、子どもの時に読むのと、 大人になって読むのでは、だいぶ感じ方が違います。

覚えていますか? アンが、いちご水とまちがえてワインをダイアナに飲ませてしまうシーン。 ぜひ、もう一度、手にとって読んでみてください。



「赤毛のアン」は、想像力豊かな少女アンが成長していく物語ですが、 私が印象に残ったところを、2つご紹介します。


「何かを楽しみにして待つということが、 その嬉しい事の半分に当たるのよ。」

「本当にならないかもしれないけれど、 でも、それを待つ時の楽しさだけは、 間違いなく自分のものですもの。」


「自分の未来は真っ直ぐに伸びた道のように思えたのよ。 さきまで、ずっとみとおせる気がしたの。 ところがいま曲がり角にきたのよ。

曲がり角を曲がった先になにがあるかは、わからないの。 でも、きっと一番よいものに違いないと思うの。 それにはまた、それのすてきに良い所があると思うわ。」


あとでがっかりしないように、なにも期待しないでいると、 楽しみの半分、損をしてしまうんですね。

どちらも、これからくる未来に対して、明るい希望や期待をもっています。 アンが、両手を胸の前で組んで、 少し上を向いて、瞳を輝かしている姿が見えるようです。


なんと!
「赤毛のアン」は、続編もたくさんあるんです。 アンの青春時代や、アンの娘リラのお話など、 アンが75歳になるまでたくさんの続編があります。 はまってしまいそうですね。



「赤毛のアン」翻訳者は、村岡花子さんですが、 村岡花子さん自身もエッセイを書いています。

NHK連続TV小説「花子とアン」にもいくつか出てきましたね。


「たんぽぽの目 村岡花子童話集」
村岡花子


「たんぽぽの目 村岡花子童話集」は、NHKドラマ「花子とアン」にでてきた 「めぐみの雨が降るまで」、「ミミズの女王」などが収録されています。

全部で26編の童話集です。

私がこの中で好きなのは、 切手を、破れた羽にはって飛び出すちょうちょのお話「ポストへ落ちた蝶々」と、 バケツがすずらんの花になってしまった「鈴蘭の花」ですね。

もちろん「たんぽぽの目」、「ナミダさん」も素晴らしいですよ! 一緒にでてくるカエルがまたいいんですよ。


心をほっこりしたいときに、読んでみてください。 村岡花子さんが話しているように、子どもに読んであげてください。

「全国のお小さい方々、ごきげんよう。 これから皆さまがたの新聞のお時間です。。。」



「赤毛のアン」
L.M. モンゴメリ/村岡花子(翻訳)


「たんぽぽの目 村岡花子童話集」
村岡花子

2014年 ベスト記事 5選

あけましておめでとうございます!。 今年もよろしくお願いします。


新年最初は、昨年(2014年)の記事のベスト5をご紹介します。


第1位 ドリームリストとギブリストを作り、夢をかなえる

第2位 何かを新しく始めるときは、かっこいい名前をつけると効果的

第3位 相手だけに強制せず、一緒に自分も同じ側に立ってみる

第4位 書評 「人生がときめく片づけの魔法」 近藤麻理恵

第5位 感謝していると、いいことが起きる



また、初心を忘れるべからずということで、 創刊号の記事を再度、掲載いたします。

Grand Smile」 とは、

いつもいつも、わくわくして、

真夏の太陽のように、 まぶしいぐらいに、輝かくオーラをまとい、

とびっきりの笑顔になることを願って、


極上の(Grand)

笑顔(Smile)


というタイトルにしました。



Grand Smile」 では、

毎回、いろいろなテーマを取り上げていきます。

質問にお答えしたり、悩みの解決方法を一緒に考えたり、 書籍から得た教訓や、身の回りで起きた事なども 取り上げていきます。


家族、夫婦、教育、育児、人間関係、コミュニケーション、 成功、モチベーション、時間管理、仕事、マネジメント、 自己啓発など、

テーマはいろいろですが、 最終目的は、一つです。


自分だけでなく、家族や友達など、 周りの人々と共に、

豊かで幸せな人生を送ること



豊かで、幸せな人生を送るために、 より素敵な笑顔になれるように、

できる限り分かりやすく、お伝えします。 小学5年生でも、理解できる内容を目指しています。

なぜなら、できるだけ早い時期に、知ってもらいたいからです。 早い段階で、気づきを得ることで、 自分をコントロールし、 より良い人生を早くすごせるようになります。



Grand Smile を効果的に活用するには、 実際に、試してみることです。

こんなこと書いてあるけど、ほんとかなー。 今回は、簡単だし、面白そうだから、 とりあえず、次の記事までに、意識してみよう。 という感じで。


もし、実践したことがよかったら、 習慣化し、自分のものにしてください。 より早く、Grand Smile に近づけると 思います。


情報をインプットしたら、すぐ実行し、 アウトプットしていくと、 どんどん成長できます。


実行してみて、 なんか違う場合は、ダメだということが分かるし、

なんか元気が出るようだと思ったら、 ちょっと続けてみようかな。 友達にも教えてあげたいな。 という気持ちになると思います。



陽だまりで、ゆったりと、くつろぐように、 心の安らぎを感じ、

わくわく、充実した毎日を送り、 輝かしい、とびっきりの笑顔になることを願って。


一緒に、少しずつ、 そして、確実に 近づいていきましょう。


Grand Smile」へ