RSS

書評 「十歳のきみへ 九十五歳のわたしから」 日野原 重明

「十歳のきみへ 九十五歳のわたしから」
日野原 重明

この本は、
小学校中学年、高学年の、
3年生、4年生、5年生ぐらいに向けて書かれた本です。

難しい字は、ふりがなが振ってあります。

子どものために購入した本ですが、
私は、大人向けの本ではないかと思います。

 

人生を長く生きた大先輩として、
医学博士である日野原重明さんから、
生きるということの意味を教わりました。

 

 

日野原重明さんには申し訳ありませんが、
この本の、最大の魅力であり、読み応えがあり、
感心させられる箇所は、
最後の20ページぐらいにあります。

そこには、
この本を読んだ小学生の読書感想文が書かれています。
小学4年生とは思えない素晴らしい感想文です。

 

ここだけでも読む価値がありますので、
立ち読みでもよいので、ぜひ読んでみてください。

この感想文の中に、
日野原重明さんの言葉や考えが凝縮されています。

 

 

いくつか抜粋します。

  「許し合う」という言葉に何かを感じた。
  兄弟と喧嘩をしてしまって、しかえし合って、ゆるしあうことはなかった。
  ケンカは大きくいえば戦争と同じ。
  許すということをしないとだめ。

 

  「どの夢でも、人をたすけられるんだよ」という言葉
  すごくうれしかった。
  パン屋であっても人を助けられるんだと思った。

 

  「人のために自分の時間を使うことをしなさい
  自分のために時間を使うことにせいいっぱいだから、
  人のために時間はなかなか使えないとおもっていた。

 

  寿命は私達に与えられた時間のことで、生きた分減っていいくんじゃなくて
  寿命という大きな入れ物に精一杯生きたことを詰め込んでいくことなんだって

  へえー。彩ちゃんすごい。
  お母さんは、あとどれくらい生きられるのかなと思うけど。
  今生きているその瞬間をどんどん積み重ねていくことなんだね。
  彩ちゃん大切なこと教わったね。

 

 

メルマガやブログを書くことも、
人のために時間を使っているといって良いと思います。

自分だけ知っていればよい情報を、
自分以外の人に共有することは、
人のために時間を使っているのです。

パン屋さんでも、小学生でも、サラリーマンでも、
人のために時間を使うという気持ち
人のために生きるという気持ちを持つことが
大切なんだと思います。

 

「十歳のきみへ」は、
平成23年度、東京書籍版の小学校6年生の
国語教科書に採択されました。

 

この本から、子どもと一緒に、
生きるという意味を再確認してみてください。

 

 

「十歳のきみへ 九十五歳のわたしから」
日野原 重明

人生の中で一番素敵なことは、人のために自分の時間を使う

時間

永遠のテーマですね。

 

海外旅行にいったり、年をとってくると、
あらゆるものが、ゆったり流れて見えてきます。

季節の移り変わりや、自然の美しさも
より感じるようになります。

余裕というものが
そうさせているのです。

 

 

時間とは、全ての人に平等にあるものです。

与えられた時間を無駄にせず
有意義に使っていくには
どうすればよいでしょうか。

 

時間を、ぼんやりして過ごそうが、
何かに没頭して過ごそうが、
時間をどう使うかは、人それぞれ自由なのです。

時間の質を決めているのは、
自分自身である
ということです。

 

 

日野原重明さんの言葉で、

  「時間に命を吹き込めば、その時間が生きてくる

とあります。

与えられた時間の中に、
できるだけ自分の命を注ぎこむのです。

 

寿命とは、
私達に与えられた時間であり、
生きた分、減っていくのではなく、

寿命という大きな入れ物に、
精一杯生きたことを詰め込んでいくことなのです。

 

 

与えられた時間を、自分のためだけでなく、
他の人のために時間を使えた時、
時間は、一番生きてきます。

その、最も良い例が、
ドイツに古くから伝わることわざです。

  「人の喜びを一緒に喜べば、その喜びは二倍になる
  「人の悲しみを一緒に悲しめば、その悲しみは半分になる

良いことがあったら、
愛する人、家族、友達に話したいですよね。
家族や友達も、幸せな気分になれるでしょう。

嫌なことがあっても、友達に話すだけで、
なんだか落ち着いたり、スッキリします。

 

人と人とが思いやりを持ってはげましあい、
ささえあっていくこと、
つまり、人のために時間を使うことが、
実は、人生の中で一番素敵なことなのです。

 

 

そうはいっても、
自分のために時間を使うことで、精一杯だと思います。

頭の片隅に、人のために時間を使おうという
気持ちをもっているだけでよいのです。

 

自分が子どもの頃を思い出してみてください。
おじいちゃん、おばあちゃんは、
自分のことを可愛がってくれましたよね。

一緒に、電車を見に連れて行ってくれたこと
「いたいのいたいのとんでいけ」をしてくれたこと
あふれんばかりの笑顔をくれたこと

おじいちゃん、おばあちゃんが、
自分のために時間を使ってくれた
素敵な思い出です。

 

人のために使った時間は
相手の心を明るくし
相手の心の中にずっと残ってゆくのです。

今、この瞬間が一番若い

1年前の自分と比べて
どれくらい変わりましたか?

年始めに、目標を掲げて、
今年こそはがんばろう。

そう決心したのではないでしょうか?

 

しかし、1年後、ふたを開けてみると
あまり変わっていない自分や環境
あるのではないでしょうか?

私は、いつもそうなので、
いつも、いつも後悔しています。

 

来年になったらやろう
来月になったら始めよう
明日から勝負だ。

と考えてしまいますよね。

結局それだと先に進まず、
あとで後悔してしまうのです。

 

 

もっと若い時に始めれば良かったのに。
せめて1年前からでもやればよかった。

こんなふうに、
後悔したくないですよね。

これからは後悔しないように
今、この瞬間から実行しましょう。

 

今、この瞬間が一番若いんです。
自分が一番若いのは、今なんです。
時間は常に流れています。

一番若い今を大切にしましょう。
そうです。いつやるの?

イマでしょ。」

 

以前、書いた記事ですが、
まずは、計画を立てる計画でもよいので、
すぐに始めることです。

この一番若い。
この瞬間に。

 

参考
  「月末、月初め、年末年始などの節目には、計画をたてて、ワクワクする
 

 

過去には戻れません。
繰り返して言いますが、
今が、自分にとって、

  「最も若い」のです。

あれをしておけば良かったと、
1年後に後悔しないように
まずは、動き出しましょう!

 

  「Now! Start!