RSS

モチベーションを上げるには、理由やメリットを明確にする

仕事をするのに、
指示通り、ただやるだけというのは、
責任感もないし、何も考えないで行えるので、
とても楽ですが、
やりがいは、全くないですよね。

 

ある、製薬会社でのことです。
アルバイトを雇い、仕事を任せることにしました。

このアルバイトに、
  「この試薬Aと試薬Bを、少しずつ温めて
  10分間、ゆっくり混ぜ続けてください。」
と指示しました。

アルバイトは、言われたとおり
10分間混ぜ続け、その混合液を持って行きました。

すると、
紫外線ランプのようなものに照らして、
  「はい、ではその混合液を捨ててください」
と、指示されました。

アルバイトは、
え、今までやったことは無駄?
と思いましたが、指示通り捨てました。

そして、またそのアルバイトに、
  「この試薬Aと試薬Cを、少しずつ温めて
  10分間、ゆっくり混ぜ続けてください。
  終わったら、持ってきてください。」
と指示しました。

アルバイトは、
この作業を、毎日繰り返しました。

 

この仕事って、意味あるのでしょうか?
なんか、むなしいだけですね。

 

 

では、なぜこんなことをやるのかについて、
理由を説明したらどうでしょうか?

「これは、がん細胞に打ち勝つ
抗体を見つける作業です。

様々な組み合わせの抗体を作っていますので、
がん細胞に打ち勝つ抗体が見つかるまで試験をします。

とても大変な作業ですが、この抗体が見つかると、
がんで死亡することが90%なくなるのです。」

 

このような説明を聞いた方が、
モチベーションは上がりますね。

同じ作業でも、気持ちを入れ替えると
全く別の作業に見えてくるのです。

 

 

更に、自分にとってのメリットを考えます。
もし、抗体が見つかれば、大きなニュースになります。
自分が医療に大きく貢献できた喜びを得ます。

もしかしたら、新聞やニュースで、
自分の名前がのるかもしれない。

更に、やる気がでますよね。

 

 

パソコンで、ひたすら文字入力をしている人。
ひたすら穴を掘って水脈を見つけている人。

無数の星から、未知の星を見つけている人。
自分の名前が、星の名前になる。
これを、ロマンというのでしょうね。

 


具体的な仕事の例でいいますと、

ソフト設計現場では、
まずソフト設計をする前に、
企画が、要求仕様書を書きます。

その要求仕様書には、
何々ができること、
このボタンを押すと、こうなること。
というような、動作を記載しますが、

なぜその機能が必要なのか、
何のための機能なのか、
という理由を併記することで、

ソフト設計者に、より明確に伝わり、
企画が意図した動作を、
自らも考えて設計してくれるようになります。

 

 

どんな作業にも、
理由メリットがあります。

理由メリットを明確にし、
やる気モチベーションを上げましょう。

見積もり、計画するなら、2点見積もりが効果的

仕事でも、自分のダイエットの計画でも、
なんでもいいのですが、
何かを達成するためには、
予定を立てて、計画をしますよね。

ある作業には、どれくらいかかるから
この日に終わるかな?
というように。

会社では、各タスクを洗い出し、
工数見積もりに応じて、
スケジュールを立てると思います。

 

 

通常、作業日数の見積もりは、
ひとつだけを予想する

1点見積もり

を行う場合が多いですね。

 

1点見積もりには、いくつか欠点があります。

見積もりの定義が、人によって違うのです。
3日で終わるのに、1日安全日を追加する人、
余裕を持って5日とする人、
ギリギリの2日に設定する人。

複数人を管理する場合、見積尺度が合わないため、
遅れているのか、余裕なのか、
リスクを読み取ることが難しくなります。

リスクを早期に発見できれば、
対応策を講じて、助ける事ができたのに。

 

以前の記事で、パーキンソンの法則を紹介しました。

  「習性や法則を、自分なりに工夫して利用する


仕事の量は、完成のために与えられた時間を
すべて満たすまで膨張する。

というものですが、
夏休みの宿題状態になってしまうということです。

 

 

そこで、

  「2点見積もり

というものがあります。

2点見積もりは、
心理学の観点で非常に効果的で
モチベーションの維持に向いている手法です。

 

2点見積もりは、

最小見積もりである
出来るか出来ないかギリギリの日程

最大見積もりである
どんなに遅くてもこの日にはできるという日程

の2つを計画します。

 

定義がはっきりしていますので、
各個人による解釈の差が生まれにくくなり、
普通の人は、最小見積もりを目指す傾向があるので、
パーキンソンの法則に陥ることが少なくなります。

 

 

では、3点見積りはどうでしょうか?
「最小見積り」、「目標見積り」、「最大見積り」
という3つの日程を計画する方法です。

3点見積もりを行うと、
やはり、「目標見積り」に、
意識がフォーカスされてしまいます。

心理的には、
実質、1点見積もりを行っているのと
同じ状態になってしまいます。

 

 

人の心理を利用した
2点見積もり
ぜひ、試してみてください。

相手に応えること、反応することが、信頼関係を築く

インターネットを見ていて、
表示が遅いとイライラしますね。

iPhoneやAndroidのアプリも同じです。
反応がなかったり、遅かったり
広告メッセージが多かったりすると
アプリを閉じてしまいます。

何か商品をネットで購入しても、
了解メールが来ないと心配です。

 

 

反応するということは、
ネットやアプリ相手ではなく、
人に対しても同じなんです。

 

人は、何かを要求して、
応えてもらうという経験をとおして、
自分は愛されていると感じます。

そして、
人を信じる心がめばえ、
信頼関係が生まれてくるのです。

 

 

赤ちゃんはどうでしょうか。

お母さんのおっぱいを飲んでいて、
スッと、飲むのをやめます。

お母さんは、「もういいの?」
と声をかけたり、
ほっぺたを触ったりすると、
赤ちゃんは、また飲み始めます。

これは、
赤ちゃんが、無意識にお母さんと
コミュニケーションをしているのです。

 

赤ちゃんが泣いたら、
タイミングよく
反応してあげることが大切です。

赤ちゃんだけではありません。
子どもも、大人も同じです。

何かのサインを発したら、
タイミングよく
反応してあげましょう。

 

 

自分が質問して、
相手が答えているにもかかわらず、
そっぽを向いたり、
次の質問や、話題を考え、
相手の話をさえぎって
次の質問や話題をふったりしたことはないですか。

私は、よくあります。
人に言われて気づいたのですが、
いつも気をつけるようにしています。

 

相手の話をしっかり聞いて、
話が終わったら、
沈黙を数秒おきます。

これは無反応ということではなく、
しっかり聞いているという反応です。

この沈黙作戦!?
今度試してみてください。
相手は、更に秘密の情報を
教えてくれるかもしれません。

 

 

相手に応えること、
反応することを意識して、
コミュニケーションをとりましょう。

それが、信頼関係を築き、
自分にとって、
大きな財産となっていくのです。

 

 

アメリカのスタンフォード大学の研究で、

  親が子どもに話しかける回数が
  各家庭で非常に差があり、
  その回数が多いほど、
  幼児の言語能力が発達する。

  テレビやラジオから流れた言葉の回数とは
  この関係が見られないことが分かった。

という研究結果があります。
また、

  幼児期に言葉の発達が早いほど、
  感情のコントロールが上手になる。

とのことです。

 

TVなど、
一方通行のコミュニケーションではなく、

相手の反応がある人と人との
生のコミュニケーション
が、
大切だということですね。

 

以前の記事ですが、
こちらも参考にしてみてください。

愛されていると感じる時は、自分に注意を向けてもらっている時