RSS

英語学習に良し、自己啓発に良し、最高のプレゼンショー TED

英語学習自己啓発が、
同時に無料で、できてしまう

TED

というサイトについてご紹介します。

 

英語の勉強はどうしてますか?

・英会話教室に通う
・英語教材を買う
・自己啓発本の音声教材を聞く
・英語の映画や音楽で学習する
・英語のドラマで学習する

などなど、いろいろな方法があると思います。

私も、英語のドラマで、
フルハウス」や「フレンズ」が良いらしいということで、
DVDを買って勉強しようかなと思っていました。

 

最近、無料で、とてもよいものを発見しました。
しかも、見てためになり、
面白くて、自己啓発にもなり、
プレゼンのお手本にもなるものです。

それが「TED」です!

 

TEDとは、Technology Entertainment Design で、

一言で言うと、
世界中の様々な分野において、
第一線で活躍している方の講演です。
大統領や、Google創業者なども名を連ねています。

 

TEDのメリットを上げると、

・WEBで見れる
・無料
ダウンロードできる
短い
字幕を選択できる
・英語の勉強になる
・プレゼンテーションのお手本になる
・自己啓発ができる
・有益な情報が得られる
TVでも放映されている
・iPhoneやスマートフォンのアプリもある

いろいろありますが、
まだまだたくさんの魅力があると思います。

 

 

百聞は一見に如かずということで、
2つばかり紹介します。

 

社会運動はどうやって起こすか
デレク・シヴァーズ

ある棒が立っています。
その立った棒が徐々に倒れ始めると、
ある時を堺に、急に倒れるスピードが早くなります。
この倒れだすポイントを、
ティッピングポイントと言いますが、
その現象を解説しています。

 

ビデオによる教育の再発明
サルマン・カーン

YouTubeやWebアプリによる教育について、
ものすごいシステムの内容です。

教育は普遍的なもので、すたれることもなく
何かのシステムを作る上でとても参考になります。
終わりには、ビル・ゲイツも絶賛しています。

 

 

「TED」オリジナルサイト
http://www.ted.com/

「TED Talks in Japanese」日本語サイト
http://www.ted.com/translate/languages/ja

 

 

TVでも放映しています。

スーパープレゼンテーション
http://www.nhk.or.jp/superpresentation/

NHK Eテレ
・毎週月曜夜 11:00~11:25
・再放送 毎週水 6:00~6:25
・再放送 毎週日曜深夜 0:45~1:10

 

 

ぜひ、見てみてください。
私は、全てのプレゼンテーション
見てみたくなりました。

東大生アンケートで分かった! スイミングを習い、朝食を必ずとる

子どもの頃、習い事していましたか?
私の頃は、そろばん書道が一般的でしたが、
最近は、水泳、ダンス、体操、英語など
様々のようです。

子どもには、将来幸せになってほしいという願いから、
親は、子どもにいろいろな習い事をさせます。

では、どんな習い事をしたら良いのでしょうか?
実は、大学の最高峰である東大生に対して
興味深いアンケートをとったデータがありますので、
ご紹介します。

  ※複数回答なので、足しても100%にはなりません。

 

 

習い事?

  ・64% スイミング
  ・42% 音楽
  ・29% 習字

スイミングでは、適度な進級テストがあり、
楽しみながら、自ら成長できます。

目標設定、競争心、ライバル、
順位付け、階級社会、達成感など、
現在の競争社会の縮図を感じさせますね。

東大以外の大学では、
スイミングの習い事の比率は、20%でした。

やはり、64%ということで、
関連性がありそうですね。

 

スイミングという習い事は、
親にとって、とても負担が低いものです。

なぜなら、宿題がないからです。
ダンスやピアノは、
家で練習をさせないといけません。

これが大変なのです。
私の子どもは、ピアノを習っていますが、
なんとか、前の日にさせるのが精一杯です。

スイミングは水が無いとできませんので、
家での練習はありません。
送迎のみでOKですし、
子どもも、いやいや行くのではなく、
楽しんでいます。

 

 

身近にあったもの?

  ・51% 本
  ・43% 時計
  ・37% TV

本や時計が、半数近いですね。

本はなんとなくわかりますが、
時計が多いというのは以外でした。

時計は、時間を意識し、
時間感覚をやしないます。

何時にやろう、何時までやろうなどの
時間をコントロールすることを
意識させます。

 

 

勉強した所?

  ・66% リビング

予想通りですね。
よく、リビングで勉強したほうが良いと聞きますし、
家族の音、生活の音のなかで、
身近な人に囲まれて、安心感が生まれ、
一人でやるより、集中力が上がるのでしょうね。

 

 

朝食?

  ・98% 必ず毎日食べた
  ・0%  食べていない

はっきりと差が現れましたね。
朝食で、脳の栄養である糖分を
摂取できるからでしょうか。

小学校の授業は、ほとんどが午前中ですので、
納得ですね。

 

 

スイミングを習わせ、朝食を必ずとり、
勉強するときは、時計があるリビングで!

東大に入ることが全てではありませんが、
将来必要な資質を養うという意味で、
これらの環境に、子どもを置くことは
とても良いことです。

 

私の子どもは、ほぼ全て達成していますが、
小学校3年生ですし、
次の誕生日には、
腕時計を買ってあげるつもりです。

相手だけに強制せず、一緒に自分も同じ側に立ってみる

子どもの頃、
砂場でトンネルを作って
遊んだことありますよね。

大きな山を作って、
友達と一緒に、お互い逆側から
穴を掘っていって、
友達の手が自分の手に触れた時は
とても嬉しい気持ちになりますね。

 

砂場では、上から見ながら、
修正しながら掘っていけるので、
掘る方向が
ずれてしまったりすることはないですね。

 

 

子どもや家族に、何かを指示したり、
やってもらうときは、どうでしょうか?

子どもに、
「はやく食べなさい」
「はやく片付けなさい」

と、いいっぱなしだったりしませんか?
そして、
自分はイライラしてしまうことは
ないでしょうか?

 

友達とトンネルを掘るように
自分の方も、
反対側から助けてあげるようにすると
より、スムーズに早く目的を達成できます。

 

助ける方法はたくさんあります。
イライラしないように、
自分を抑えるだけでも効果的です。

また、一緒に片付けてあげたり、
食べるものを減らしてあげたり、

このような、ちょっとした助けは、
とても有効なのです。
ほんのちょっとでいいのです。

指示だけでなく、
言いっぱなしだけでなく、
相手側に立つことです。

 

早くする、食べるなど
単純なものならよいのですが、

仲直りや受験など、ちょっと複雑になってくると
目的を見失ってしまうことがあります。

トンネル掘りのように、
上から見ながら修正することは難しく、
目的を間違ってしまうと、
出会うことができなくなってしまいます。


例えば、受験の場合、
親は、TVを見ずに、
机に座ることが目的と勘違いして、
机に座っていると安心してしまいます。

子どもは、机で漫画を読んでるかもしれません。

 

目的は、受験に成功することですので、
一緒に問題を解いてみたり、
受験する学校見学に行き、
イメージをふくらませたり、
苦しい受験勉強後の楽しさを共有します。

 

 

トンネルを掘っているのを
見るだけでなく、

ちょっとでも一緒に掘ることで、
とてもうまく回り出します。

 

トンネルを掘るときは、
両方から、目的を間違わないように
慎重に掘り進んでいきましょう。

 

一緒に勉強する
一緒に寝る
一緒に食べる
一緒に考える

一人でやるより一緒がいいですよね。