RSS

「ゆでガエル」にならないように、変化に対応し続ける

ゆでガエル」の話は知っていますか?
まわりの変化に対応することの
大事さを説いたお話です。

 

 

「ゆでガエル」の話

生きているカエルを、水が入ったなべにいれました。
カエルは、気持ちよさそうにしています。

そのなべを、ガスコンロに置き、
弱火で少しずつ温めました。

水は、少しずつお湯になっていきました。
カエルは、水がお湯になっていることに
気づきませんでした。

カエルは、逃げることもなく、
ゆで上がってしまいました。

 

 

いかがでしょうか?

バブル崩壊が良い例だと思います。

ドコモも、iPhone対応という
変化を受け入れることができず
契約数が伸び悩んでいます。

世の中、単に強い人や賢い人が成功するのではなく、
変化に対応できる人が成功するのです。

 

「ゆでガエル」の教訓としては、

小さな変化に気づかず、
チャンスを逃してしまうこと

最も大きなリスクは、
リスクのない人生を送ろうとすること

最も愚かなことは、同じことをやり続けて、
違う結果を期待すること

 

 

今回は「ゆでガエル」について、
ちょっと論文調で書いてみました。

 

蛙というのは不思議な性質を持っている動物だ。
本当にこんなに、おマヌケなのか。
今度機会があったらぜひ試してみたい。

よくよく考えてみると、
人ごとではないのではないか。
このような事は周りを見渡してみれば、
たくさん溢れかえっている。

例えば、バブル崩壊などとてもいい例だ。
経済の破綻にきずかず、どんどん投資をし、
気づいた時にはもう手遅れに

 

本人が気がつかないうちに、
どんどん周りの環境が変化し、
ふと、気づいた時にはどうにも
身動きが取れなくなってしまっている。

一人、ぽつんと取り残されてしまうのだ。

 

しかし、人間は蛙とは違う。
人間は考える事ができ、
なぜそうなってしまったのか。

そうならないようにするには
どうすれば良いかを考えられるのである。

 

答えは簡単である。
原因は、自分だけを見、
自己中心になって、
自分の周りで起こっている事に
気がつかないでいることにある。

また、ぬるま湯につかって、
心地よい加減を楽しんでしまって、
周りの変化を感じる事をサボっているのである。

周りの動きや環境に常に関心を持ち、
それに対して反応し、
適切に対応していけばいいのである。

 

具体的にどうすればよいか?。
全くの初めは、
周りも変化がないわけで対応しようがない。

先ずは目標を立て、
それに向かって、計画を立てることをする。
目標を置くことで自分のターゲットが明確になり、
計画を立てることで、
とり残されることはなくなる!?。

しかしながら、計画はあくまでも計画であり、
予定でしかない。

仕事が進むに連れて
計画どうり行かないことは日常茶飯事で、
計画、目標は、
臨機応変に適切に変えてゆかなければいけない。

このとき大事なのは、自分だけを見るのではなく、
周りの動きや環境をよく見る事である。
アンテナを高く置く事が大事なのである。
これをしなければまた、あの蛙に逆戻りである。

 

本当にこれだけでいいのか。
さすがにあの蛙にはならないで済むかもしれない。
しかしここは一歩進めて考えてみよう。

細かな目標を立て、
それについての計画も完璧だ。
客観的にも自分を見つめ直し、
周りの動きや環境の変化にも注意し、
計画、目標をそれに合わせて修正した。

 

ところで、先にも述べたように人間は考える動物である。
そう、これから先どうなるか
予測する事ができるのである。

しかもアンテナを高く張っているので、
周りの環境を考慮し適切な予測ができるのである。
はずれたらまた修正するまでである。

 

つまり、周囲の現時点の静的な事柄ではなく、
環境の変化や流れという動的要素を捕え、
これから起こるであろう事を
予測し続ける事が大切である。

そして、常に敏感に反応し
適切に修正し続けるのである。

これで、あのお間抜けな蛙には
ならないですみそうである。

感謝していると、いいことが起きる

良い事、ラッキーな事は、
起きていますか?


神社などでは、

  「いいことがありますように」
  「受かりますように」
  「子どもができますように」

など、神様に頼んでいると思います。

 

子どもが生まれたり、合格した場合は、
再度、お参りした神社などに行き、
報告とともに、感謝しますよね。

 

 

私は、逆もいいんじゃないかと思います。
つまり、先に感謝してしまうのです。

いつも感謝していると、いいことが起きる
ありがとう」という気持ちを持つと、
素晴らしいことが起きる

逆も真なりです。

 

ニワトリと卵の関係に似ていますね。

ニワトリが先に卵を生むのか、
卵があるからニワトリが生まれるのか?

どっちが先なのか?

 

 

先に感謝すると、
本当に感謝したくなることが、
後から起こるようになります。

 

なぜでしょうか?
種明かしをしますと、

感謝していると、
「何かいいことが起きるかな」と、
わくわくするからです。

そして、悪いことに注目することが減り、
いいことに注目するようになるからです。

良いことにフォーカスするということです。

 

電車で席を譲ったら感謝された。うれしい。
電車で、前の人が降りたので座れた。うれしい。

小さな良いことにも、
幸せを感じられるようになります。

 

感謝をたくさんし、
よいことを期待しましょう。

書評 「7日間で人生を変えよう(CD付き)」 ポール マッケンナ


「7日間で人生を変えよう(CD付き)」
ポール マッケンナ

 

この本は、CDがついているところがミソです。

著者のポール マッケンナさんは、
英国では催眠療法の第一人者です。

そのポール マッケンナさんの書籍には、
自己催眠的カウンセラーCDがついているのです。

家に居ながらにして、
最高のカウンセリングが受けられます。

もちろん、日本語です。
ちなみに、英語版もついています。

とても、ここち良いナレーションで
語りかけてくれますよ。

 

本書の内容を一言で言うと、

成功するためのイメージトレーニング

ですね。

 

 

職場で、嫌な人がいる方
イメージの力で、
嫌な相手を小さくしてしまいましょう。

もうだめだ、俺の人生終わった。
最近、うつっぽいな、何をやっても上手くいかないな。
と思っている方には、
ぜひとも読んで、聞いて欲しい本です。

 

イメージの力は絶大です。

ある子どもが、ガンになってしまったのですが、
その子どもは、スターウォーズが好きで、
自分の体にいるガンウイスルを戦闘機でやっつける
イメージを続けていたそうです。

すると、あるときなんと、
ガン細胞が消滅してしまったのです。

 

 

できると思えばできる。
できないと思えばできない。

「なんだ、できるんだ」と、分かった瞬間に、
できるようになるのです。

世界の変化よりも、
自分自身の認識を変えれば、
現実は変わっていくのです。

 

名探偵コナンのセリフで、
真実はいつもひとつ」というものがありますが、
事実は一つ、解釈は無限」です。

 

 

自分の人生をハッピーに変えたいのであれば、
世の中を見ている自分のメガネの色を変えて、
世界を見てみるのです。

まわりの世界を変えることは難しいのですが、
自分のメガネ、つまり認識を変えるのは可能です。

 

 

人の行動を成功に導くのに大切なことは、

  「習慣」と「想像力」です。

それは、「論理」や「意志の力」よりも
ずっと強力です。

 

鏡の前の自分に、「私は良くなっていく」と言い聞かせても
なかなか実感することはできません。

しかし、想像力を使って、
いま、目の前に梅干しがあることを
イメージしてみてください。
すぐに、生つばがでてきませんか?

夜遅くに暗い細い道を歩いていると
イメージしてみてください。
そして、後ろから足音がどんどん近づいて、
足音が大きくなっていくことを
イメージしてください。
ドキドキしてくると思います。

 

このような想像力と、習慣という力を使って
私達を7日間で成功へ導いてくれる本が、

  「7日間で人生を変えよう(CD付き)

なのです。

自分が想像して作り上げたイメージによって、
人生を、大きく変えることができます。

更には、人生を意のままに
コントロールできるようになるかもしれません。

 

 

「7日間で人生を変えよう(CD付き)」
ポール マッケンナ