RSS

ドリームリストとギブリストを作り、夢をかなえる


自己実現するために、
目標を書いた紙、または、欲しい車などの写真を
見えるところにはっておくとよいといわれます。

これは、自分自身に対して、
ビジュアル的に、常に意識させるためです。

このように、目標や夢を書くことはとても有効です。

 

そこで、やりたいこと、手に入れたいこと、欲しいものなどを
夢のリストとして、100個書いてみることをお勧めします。

以前、私もドリームリストと題して、100個書いてみました。
このドリームリストは、いわゆる目標とはちょっと違うものです。

時間の制約、能力の制約、お金の制約など、
全ての制限がないものとして書いてみてください。
なぜかといいますと、
可能性を広げ、自分でリミッターをかけないためです。

例えば、
  ・字幕なしで英語の映画が見れる
  ・太らない
  ・うまいものを食べる
  ・孫を持つ
  ・自作のCDを出す
  ・絵本を出す
  ・アプリを作って収入を得る
  ・宇宙旅行を家族とする
  ・ジャガー、ベンツを乗り回す
などなど、、

 

思うだけではだめです。
手を動かして、書くことに意義があります。
すぐに書き始めてみてください。

夢を考えるのは楽しいのですが、意外と難しいですよ。
ノートに鉛筆で書いても、パソコンで打ってもよいです。

 

 

ほしいものリスト、やりたい事リストは、ドリームリストですが、
得るという意味では、テイク(Take)リストになります。

次は、してあげたい、誰かのために何かをしたいリスト、
つまり、ギブ(Give)リストを作ってみてください。

ギブリストは、ドリームリストよりもかなり難しいです。
100個は、簡単に出ないと思います。

例えば、
  ・親とタンゴを踊る
  ・人々を幸せにする
  ・親に毎月、必ず会う
  ・家族や友達とスペインに行く
  ・クリエイターの助けになるサイトを作る
  ・友達の仕事を助け、ともに大きな収入を得る
  ・地域の清掃、ボランティアをする
  ・娘を歌手にする
などなど、、

 

ドリームリストをかなえるためには、
このギブリストが必要になります。

ギブリストを消化することで、
ドリームリストが自然にかなえられてきます。

そして、モチベーションの維持に、大いに貢献します。
ドリームリストに書かれた、ほしいもの、やりたいことだけでは、
モチベーションを維持することが難しいのです。

誰かのため、愛する人のためというほうが、
モチベーションを長く、強く保つことができます。

 

今まで、夢を書いても、
なかなか、かなわない、進まなかったのは、
ギブリストがなかったからかもしれません。

 

 

ドリームリスト(Takeリスト)と、
ギブリスト(Giveリスト)
ぜひとも、100個づつ書いてみてください。

そして、ギブリストを一つ一つ、つぶしてゆくと、
おのずと夢はかなっていきます。

眼を輝かせれば、魅力的になれる


魅力的な人とは、どうゆう人でしょうか?

眼が輝いている人は、生き生きしていて、
魅力的に見えますよね。

眼をキラキラ輝かせると、魅力的な人に見えます。
外見も内面も輝いてきます

 

眼を輝かせるとは、
少女マンガの眼、うるうるした眼、
見開いた眼、瞳孔が開いた眼、いきている眼
などをイメージするとわかりやすいと思います。

自分の好きなことを伝えるとき、
自分の好きなことを聞くとき、
そんな時は、眼が輝いています。

 

ちょっとだけ、
いつもよりまぶたを開けてみてください。
たったこれだけで、
眼が覚め、ぱっと明るくなり、
意欲、積極性が増す感じがしませんか?

 

形だけでも変われますが、
内面の気持ちを変えることでも、
眼を輝かせるようにします。

それには、常にワクワク感を持つことです。

例えば、「~しなきゃいけない」と思っていないでしょうか?
~したい」に置き換えてみてください。

「~しなきゃいけない」ということは、義務であり、
嫌だけど、しなければならないという重い感じがあります。

~したい」ということは、逆に、積極的にやりたい、
楽しいという感じを与えてくれます。

 

「~したい」と常に考えることは難しいので、
何かワクワクすることはないかなと
考えるようにするとよいです。

 

 

眼を輝かせるには、形からでも、心からでも
どちらでもよいので、とにかく、
眼が輝いているという意識を持つことです。
常にいきている眼を意識してください。

すると、プラスのよい循環が生まれ、
やる気と積極性が得られます。

 

一番簡単なのは、
興味を持っていること、好きなことを話したり聞いたりすることです。
自然にできていると思いますが、
さらに意識して、眼を輝かして話をしたり、聞いたりしてみてください。

意識することが大切です。

 

相手の反応が、いつもと変わるはずです。
恋人や夫婦など、異性であれば、
好感度もアップするのではないでしょうか。

 

 

まずは、眼を輝かして
話を聞く、話をする
から実践してみてください。

一皮むけた自分を発見できると思います。

常に、自分が輝いていることを意識する


普段、どういうことを意識してますか?
特に何も考えていない
というのが普通かと思います。

 

幸せで生き生きとした人生を送っている感じ、
自信を持っている感じを意識するには、

猫背にならないように、
胸を張って、さっそうと大股で歩く
というように、
姿勢や行動を意識することが効果的です。

 

さらに、もっと簡単で効果的な方法があります。
「輝き」を意識することです。

イタリアの宗教絵画や
日本の仏様などは、
金色の後光を発して光り輝いていますよね。

自分が、光り輝いているイメージを持つと
自信に満ち溢れ、とても幸せな人間に思えてきます。

 

 

マッチ棒等の小さな木で作った家を
想像してみてください。

その家の中に、明かりを灯すとどうなるでしょうか?
木の隙間から光が漏れ、幻想的な雰囲気をかもし出し、
とてもきれいに見えます。

光を入れる前、木で作った家は手作りのせいか、
隙間があり、ある意味欠点でした。

しかし、光を入れることで、その欠点は個性にかわり
美しいものに変わりました。

 

 

小さな木の家のように、
自分が輝いているということを意識するには、
体の表面からではなく、
体の内側の中心から輝いているイメージを持ちます。
強く、大きく輝かせます。

 

輝きをイメージすることで、3つの効果が期待できます。

1つ目は、自信が満ち溢れ、態度や身なり、人生までも変わってくること。
2つ目は、欠点がなくなり、個性として生まれ変わること。
3つ目は、自分以外の人にも影響を与えられること。

 

 

自分が常に輝いていることを意識してみてください。
自信に満ちた顔、態度になっているはずです。

輝きを意識するだけで、顔つきが変わります。
顔つきが変わると、態度が変わり、
態度が変わると、行動が変わります。
そして、周りの人にも良い影響を与えます。

 

まぶしいぐらいに、輝かくオーラをまとい、
その輝くオーラで周りの人も包み込んで、
幸せにしてあげてください。

 

これから先ずっと、輝きを常に意識するようにしてください。
きっと、何かが変わりはじめますよ。