RSS

書評 「人生がときめく片づけの魔法」 近藤麻理恵


  「人生がときめく片づけの魔法」
    近藤麻理恵

 

やましたひでこさんの「断捨離」や、
カレン・キングストンさんの
「ガラクタ捨てれば自分が見える―風水整理術入門」など、

本屋さんには、
たくさんの整理、片づけ術の本
あふれていますね。

その中で、私が最もお勧めするのは、
こんまりさん」の片づけ術です。

 

いままでたくさんの片づけ本を読んできて、
実際に行動に移したのは、

  「人生がときめく片づけの魔法」
    近藤麻理恵

だったのです。

 

 

「断捨離」は、
片づけの主役を物ではなく自分にもっていき、
環境を良くすることで、
自分の人生を良くしてしまうというような内容です。

 

「ガラクタ捨てれば自分が見える―風水整理術入門」 は、
恋愛運を高めるには、部屋のどこを整理すればよいか、
金運を呼び込むには、どうすればよいかなど、
風水と片づけを結び付けて、
片づけによって、家の気の流れをよくするというものです。

 

 

さて、本題の「人生がときめく片づけの魔法」ですが、
私の家族のなかでは、片づけをすることを
こんまりさんする」といって、毎週末、頑張っています。

服の整理をしたときは、
8袋の大きなゴミ袋がでました。

そのうち、ブランドものは、
ブランディア」に売ってお小遣いをもらってしまいました。
最後に、いくらになったかご報告しますね。

 

ちょっと捨てにくいものは、
ブランディアオークションブックオフ(ネットオフ)などに、
売ってしまい、再利用してしまいましょう。

お小遣いも、いただけるので、
捨てることへの思い切りがよくなります。

 

 

今回の書評については、
内容を、あえてまとめないで、
私のメモをそのまま記載します。

私が本を読んで、
どんなふうに内容をメモっているのか
披露してしまいます。

参考になるかどうかわかりませんが、
私は、本を読みながら、あとでメモるところに付箋をはり、
全部本を読んだあとで、まとめてパソコンに入力しています。

ちょっと長いですが、以下が
私が、本1冊から得られた情報になります。

 

 

  「人生がときめく片づけの魔法」
   近藤麻理恵

 

物別に片づける

今日はこの部屋を片付けようではなく、
今日は洋服、明日は本類というように、
モノごとに片づけをする。

持っている量が把握できる。
収納場所が分散している → 一か所にできる。
場所別だと、永遠に片づけは終わらない。

 

捨てる → 整理

捨てるものを見つけるのではなく、
ときめくものを残す考え。

すてるものをどう選ぶかが主題になっているときは、
片づけのピンとがずれている。

捨てる作業が終わるまでは、
収納について考えてはいけない。

捨てる作業の時に、
収納場所など考えると作業が止まってしまう。
一気に、短期に、完璧に捨てることを終わらせる。

 

物を捨てる前に、理想の暮らしを考えてから。
捨てる基準は、触ったときに、ときめくか。

物をひとつひとつ手にとり、
触って、ときめくかどうか確かめる。

ときめかないものは捨てる。
ときめくものに囲まれると幸せ

 

 

もの別に考える

同じカテゴリーのものをまとめて一気に判断する。
あらゆる場所の収納から、
ひとつ残らず取り出して、
一か所にまとめる。

本の場合は、本棚からすべて一度出し、
トイレやほかの場所にあるものもすべて集める。

出さないと、触ることができず、
ときめくかどうか判断して選べないから。

動かさないものは、気配が消えており、
寝ているので、出してあげて触ることが大事。

 

 

写真などの思い出品は、
最初に手を付けてはいけない。
判断に迷うから。
他のもので、慣れてから、最後にやる。

 

スムーズに捨てるための基本的な順番は、

衣類 → 本 → 書類 → 小物 → 思い出品

 

プレゼントは、
モノそのものより、気持ちを届けるもの。
だから、受け取った瞬間の
「ときめきをくれてありがとう」といって、
捨ててしまってよい。

 

 

なぜすべてのものの定位置を決めるべきなのかというと、
一つでも住所不定のものがあると、
そこから散らかる可能性が一気に高くなるから。

 

ものが多くなるのを防げるかどうかは、
収納法をいかに単純化できるかにかかっている。
限界までシンプルにする。
夏用冬用とかに分けないとか。

 

そもそも散らかる原因は、もとに戻せないから

つまり、使うときの手間より、
しまうときの手間を省くことを考えればよい。
使うときは明確な目的があるからよい。

 

2つの大きな原因は、

しまう手間が面倒
しまう場所がわからない

 

ものの置き場所は、

自分の行動導線に合わせて収納を決めたがるが、
実は、モノの置き場所によって
決まってくるケースがほとんど。

どこに何があるかわかることが大事だから、
とにかく、同じようなものは近くに置くようにする。
分散させない。

行動導線と同様に、使用頻度で分けるのもよくない。

 

積んではだめ、
基本は、立てて収納する。

収納に便利なものは、靴の空き箱。
いろんな収納グッズを試したが、
ただで手に入って、ここまで優秀なものはない。

 

収納箱に、名前は貼らない。

特に日本語が多い場合、
収納している扉を開くたびに、
視界に飛び込んでくる文字は、
無意識のうちに情報として処理され、
頭の中にざわざわと響く。

 

捨てられない原因を突き詰めていくと、
実は2つだけ

過去に対する執着
未来に対する不安

 

ときめくものに囲まれた生活を送ると幸せになる。

 

 

ここまでが、私のメモです。

 

さて、「ブランディア」で
売れた金額ですが、

  私は、2000円
  妻は、5000円

でした。
いかがでしょうか?

ブックオフ(ネットオフ)にも売ったことがありますが、
数百円でしたので、
私は、意外と多くて満足しました。

 

 

こんまりさん

お勧めですよ。
ぜひやってみてください。

ちなみに、私の下着や服はすべて、
立てて収納しています。

 

 

 「人生がときめく片づけの魔法」
    近藤麻理恵

 

 

  ありがとうございました。

自分が超簡単にできるレベルまで、タスクを細分化する


難しそう、できそうもないからやる気が出ない。

勉強、仕事、恋愛、ダイエットなど、
たくさんの場面で、こんなふう思うことありますよね。

 

ダイエットや禁煙などは、
あきらめるという選択もあると思いますが、
仕事だったら、やらなければいけませんね。

 

こんな時は、すること、やりたいことを、
小さく区切るとうまくいきます。

やるべきことをタスク化し、さらに細分化するという事ですが、
もっと簡単に考えればよいです。

 

例えば、 ぶあつい本を目の前にすると、
「ふ~」とため息をついてしまいます。
しかし、本を読むことを細かく区切ると読むことができます。

まずは、本についている帯だけ読んでみる。
次は、まえがきだけ、
次に、目次まで。

というように、自分が簡単にできる、小さな小さなことに
分けてしまいます。

 

 

具体的な例をあげてみます。

子どもに、ピアノを教える場合ですが、
いきなり譜面を読ませて両手で弾くことはできません。
次のように小さく区切り、徐々にできるようにします。

(1) どんな曲か、弾いて聞かせてあげる
(2) 右手のメロディーを、ドレミで歌えるようにする
(3) 右手の一小節だけ弾く
(4) 右手の二小節まで弾く

というように、少しずつできることを重ねます。

 

この「できた」という達成感、感覚が重要です。
次のステップに進むための原動力になります。

 

 

縄跳びの場合はどうでしょう。
手をクロスして飛ぶ、交差とびは、
すぐには飛べません。

まず、手をクロスした状態ができるようにします。
手を前にして、大きくクロスしないと、
縄跳びの縄は、自分が飛べる大きな輪になってくれません。

 

次のステップは、
手をクロスにしたまま、縄を自分の後ろに準備し、
その縄を、頭を超えて前に持ってきます。
まだここでは飛びません。

できるようになったら、自分の前の縄を手をクロスしたまま
飛び越えます。

交差とびを前半後半に分けて、できるようにするのです。

 

 

実は、先ほどのピアノの話も、交差とびの話も
私の娘に教えた方法です。
もちろん、うまく飛べるようになります。

個人差がありますので、教えるときは、
相手に合わせて、できないことを分解します。
自分でやるときも同じです。

 

私の場合は、ブログ作成ですが、
まず、既存のテンプレートで試してみる。
タイトルだけ好きなフォントに変えてみる。
というように、徐々に仕上げていきます。
少しずつ育てていくという方が適切ですね。

 

 

モチベーションが上がらない、
できそうもないと感じたときは、

自分ができることまで小さく区切ってください。

まずは、始めることが大事です。
いつまでも、難しいから、面倒だからと、
先延ばしにしていると、結局やらないことになってしまいます。

 

フランクリン・コヴィー・ジャパンの
セミナーに参加したことがあります。
そこで、私は、講師の方に質問しました。

「計画通りうまくいかないのですが、
どうしたらよいでしょうか。」

タスクを小さく区切ってみてください。
とアドバイスをいただきました。

 

 

つまづいたら、悩まず、
やるべきことを、小さく区切って
超簡単にしてしまいましょう。

 

 

  ありがとうございました。

毎日を大切に過ごしましょう。自分の人生はあとどれくらいですか?



毎日、毎日、どう過ごしていますか?

仕事を頑張っている。
家族と有意義に過ごす。
のんびりとする。
将来のために勉強する。

 

例えば、
通勤に1時間かかっている
普通のサラリーマンの場合、

1日、24時間のうち、
寝ている時間は、7時間。
食事している時間は、3時間。
仕事と通勤に、10時間。

残ったのは、4時間。

なんと、自由になる時間は、
たったの4時間だけです。
この4時間を、
毎日、毎日、どう使うかは、自分次第です。

 


人生という長いスパンでも、考えてみます。

自分の人生は、あとどれくらいあるか、
意識したことはありますか?

余命宣告された場合以外は、
ほとんどないのではないでしょうか

私も、ほとんど意識せずに毎日を過ごしています。

 

あとどれくらい、自分の人生があるのか、
時間や日にちに換算してみると、
「ハッ」と思うことがあります。

 

例えば、人生が、あと30年だった場合、

  30年 * 365日 = 10950日
  10950日 * 24時 = 262800時間

という計算になります。
この数字、どう感じるでしょうか。

 

感じ方は、人それぞれだと思います。
私の場合は、

・意外と短い
・時間がない
・早く目標を達成して、のんびりした幸せな生活を送らなければ
・がんばらないと

正月に1回しか実家に帰らないとすると、
実家の親に会うのは、多くて30回。
親孝行しないといけないな。

と、こんなことを思ったり、感じたりします。

 

 

時間は、平等に与えられますが、
無限ではないのです。

90歳まで生きるとして、
あと何日あるか計算してみてください。

 

人生というレールに乗って、生きているということ
時間が絶えず進んでいるということ
残りの時間が毎日減っているということを
再確認してみてください。

 

貴重な時間を、
自分が、最も価値のあることに費やしていけるように、
1日、1日を大事に過ごしたいですね。

 

 

  ありがとうございました。

目標を宣言して、他人の力を使って目標達成する


目標、目的を達成するため、計画を立てて実行しますが、
なかなか、思う通りに進まないですよね。

自分ひとりで頑張っているというのも、原因の一つです。
そこで、他人の力も借りてしまいましょう。

 

他人の力を借りるといっても、実際に周りの人に
動いてもらったり、働いてもらうということではありません。

 

ダイエットや禁煙などは、
自分が、がんばらないといけませんよね。

ダイエットや禁煙だけでなく、
ブログを立ち上げたり、
アンドロイドアプリを開発するため、勉強を始めたり、
いろいろな目標があると思います。

 

自分の目標が決まったら、周りの家族や友達に、
宣言してしまうのです。

宣言したからには、やらないといけないという、
自分にプレッシャーを与えるのです。

他人の力を借りるというのは、
この目に見えないプレッシャーのことです。

 

友達や家族から、

「ところで、ダイエット進んでる?」
「ブログ開通したらURL教えて」

など、言葉のプレッシャーも与えてくれます。

 

 

まずは、簡単にできる小さなことから
周りに宣言してしまいましょう。

 

小さな約束を、繰り返すことで、

大きな約束も
守れるようになります。

 

 

  ありがとうございました。

ストレスが溜まったら、「涙」を流してスッキリ


世の中、ストレスを感じない人は、いないと思います。

子どもが言う事を聞いてくれない。
会社の上司や同僚とのコミュニケーション。
満員電車。

いくらでもありますね。
単に、寝ているだけでも、同じ姿勢はつらいので寝返りをします。
これも、一種のストレスだと思います。

 

ストレスは、多かれ少なかれ、なくなることはないので、
この厄介なストレスとは、うまく付き合っていかないといけません。

 

なんと!
人間は、このストレスをやわらげたり、
解消したりする機能が備わっています。

それは、「」です。

 

涙を流すことで、気分が楽になります。
最近、涙を流していないなーという方は、
涙を流してみてください。

涙を流す前と、涙を流した後では、
気分も体調も変わった気がすると思います。

 

この「気がする」がとても重要です。
涙を流すことで、リラックスへのスイッチが入るのです。

 

ちょっと疲れた。
すっきりリセットしたい。
気分を落ち着かせたい。

そんな時、「涙」を流してみてください。
涙といっしょに、ストレスも流れてゆき
新たな気持ちになれます。

 

 

もう一つ、ストレスを和らげる機能があります。
ストレスは、心の問題です。
つまり、心を作り出している脳の問題なのです。

 

現在では、脳科学が進んで、いろいろなことが分かってきています。
「ドーパミン」、「ノルアドレナリン」、「セロトニン」、
という物質は、聞いたことがありますよね。

この中の「セロトニン」は、
心を落ち着かせ、ストレスをスッと受け流し、安らぎを与えてくれます。

 

セロトニンを増やすには、
ニンニクやピスタチオなどに多く含まれる「ビタミンB6」をとり、
適度なリズム運動や規則正しい生活が必要です。

と言われても、簡単にはできないから、ストレスが溜まるんですよね。

 

 

「涙」を流して、体と心を浄化することから始めてみてください。
ドラマを見ていて、流す「涙」でもよいと思います。
」で、リラックスのスイッチを入れましょう。

 

 

  ありがとうございました。

書評 「フィッシュ! 鮮度100%ぴちぴちオフィスのつくり方」


フィッシュ! 鮮度100%ぴちぴちオフィスのつくり方
  スティーヴン・C.ランディン/ハリー・ポール

 

この本は、とても読みやすい物語になっています。

なんとなくこなしている毎日の仕事
どうやったら楽しくハッピーにできるのか、
シアトルの魚市場で学んでいく物語です。

 

内容の紹介によると、
マクドナルドから米国陸軍まで
世界中で4000もの組織を変えた「秘訣」を学んでゆくとあります。

 

 

その「秘訣」とは、4つあり、
シアトルの魚市場から学んでいきます。

  ・態度を選ぶ
  ・遊ぶ
  ・人を喜ばせる
  ・注意を向ける

 

仕事だけでなく、家族や、恋愛、学校など、
自分の環境におきかえて読まれると
よいのではないでしょうか。

 

 

本棚に置いてあると、とても愛らしく、
特に、表紙の魚の絵がとても気に入っています。

 

フィッシュ! 鮮度100%ぴちぴちオフィスのつくり方
  スティ-ヴン・C.ランディン/ハリ・ポ-ル
 

 

 

  ありがとうございました。