RSS

きちんと伝わるためには、相手の立場や価値観にもとづいて伝える


伝えるという行為は、いろいろな場面に出てきます。

・子どもに、注意したり、勉強を教える
・友達に、さっき見たことを話す
・道順を教える
・何かを買ってもらうために行うセールストーク
・商品企画案のプレゼンテーション

などなど。
伝えるということは、コミュニケーションの基本ですね。

 

何度も同じことをいっているのに、わかってくれない。
こんなに詳しく説明しているのに、何でわからないんだろう。

こんな経験をしたことがあると思います。
これは、自分主体で、
自分の経験や価値観をもとに
伝えていることが大きな原因の一つです。

 

人に何かを伝えたり、説明したりするときは、
自分主体ではなく、相手主体になることが大事です。

きちんと相手に伝えるためには、
相手の立場や価値観にもとづいて伝えればよいのです。

相手が今まで経験してきたことや、
無意識に考えていること、イメージしていることに、
共鳴させます。

いろいろな、言葉、ジェスチャー、イラストでの図解、
様々な角度から、相手が理解できるまで、
自分が熱くならず、イライラしないで
努力するのです。

相手が、自分と同じ経験や考えを持っていると、
期待してはいけないのです。

 

 

例えば、
3歳の子どものそばに、TVのリモコンがあったとします。

お母さんが、その子どもに、
「そこのリモコンとって」といっても、
3歳の子どもは、リモコンという言葉や物を
知らないかもしれません。

大人からすれば、リモコンと言ったらリモコンでしょ
と、思っています。

 

子どもは、なにかをとってほしい
ということはわかっているのですが、
リモコンというものが分かりません。

ここで、子どもの立場に立って言い換えます。
「そばにある、黒くて四角いものをとって」
これで、お母さんは目的を達成できました。

 

大人同士の場合でも同じです。
同じことを何度もいっても、
わからないものは、わからないのです。

別の言い方をしないといけません。
相手を動かしたいのであれば、
意地を張らずに、一辺倒で攻めるのではなく、
他の角度や相手の立場にたって、説明します。

 

 

相手が理解できないのが悪いということもありますが、
そこは、ぐっとこらえて、
自分の伝え方が悪いんだ。
ちょっと言い方を変えてみよう。
としてみてください。

伝える」が、「伝わる」に変わり、
きっと、今よりもずっとうまくコミュニケーション
とれるようになります。

 

 

  ありがとうございました。

目的を、ときどき再確認し、軌道修正する


物事をうまくすすめるには、
いつも、目的を意識することが大切です。

目的とは、自分が得たいと思っている結果です。
その目的を意識し、さらに集中することが重要です。

 

しかし、簡単ではないですね。
ついつい、わすれてしまったり、
別の感情が優先してしまったりします。

 

 

休日に、ある家族が、動物園に出かけました。

お母さんは、お父さんの運転マナーが気に入らなくて、
お父さんに文句をいって、
ケンカになってしまいました。

しばらく行くと、
途中で、子どもがおもしろそうな公園を見つけました。
どうしても遊びたいというので、
そこでちょっと遊ぶことにしました。

子どもは、思いのほか、とても楽しく遊んでいます。

 

気がつくと、時間がかなりたってしまい、
あらかじめ知らべていたおいしいレストランや、
予定していた動物園に、
行くことができなくなってしまいました。

お父さんは、
子どもに八つ当たりをし、
イライラして、
一人ベンチで、ふてくされてしまいました。

 

さて、目的はなんだったのでしょうか?
自分が本当に得たい結果はなんだったんでしょうか?

家族と楽しくすごすこと。
子どもに喜んでもらうこと。
家族と幸せを分かち合うこと。

だったのではないでしょうか。

 

動物園に行けなくても、
目的は達成できているはずなのに、

予定と違っていたから、
せっかく調べていたのに、
自分のプライドや、やり切れない気持ちを、
子どもに向けてしまいました。

 

 

ついつい、本当の目的を忘れてしまいましたね。

常に、目的を意識し、
目的に集中するのは難しいのですが、

たまに、確認する癖をつけると、
幸せな気持ちを長く続けることができます。

カーナビのように、目的地をセットしたら、
どんな道を通っても、目的地へ誘導してください。

 

本当の目的は何か?
今、行っている行動や感情は、
その目的のためなのか、

ときどき確認し、軌道修正できると
幸福感が増し、本当の目的に
早く到達できます。

 

 

ありがとうございました。

うまくすすめるには、目的を明確にし、常に目的を意識する


何か仕事をするときは、予定を立てますね。

しかし、なかなか計画通りにいかず、
遅れてしまうことはないでしょうか?

 

家族で旅行に行く場合も同じです。

予定を立てて、いざ出発してみると、
旅先で、些細な喧嘩をしてしまったり、
予定外の場所に行ってしまったり。

 

なぜ、予定外のことをやってしまうのか?
なぜ、締め切りまでに、仕事が終わらないのか?
なぜ、仕事が遅くなってしまうのか?

主な原因は、2つあります。

  ・計画通りにしないと、いけないと思っている。
  ・目的を見失っている。

ここで、2つの原因をあげましたが、
2つは、同じようなことを言っています。

目的さえ達成できれば、計画通りでなくてよいのです。

 

大事なのは、
やりたかったこと、
したかったこと、
達成したかったことなど、
目的が何かを、はっきりさせることです。

目的をはっきりすれば、
そこに到達するためにどうしたらよいのかを、
考えたり、行動することができます。

 

目的がないと、
何のためにやっているのか、
どこまでできているのか、
判断することができません。

カーナビをイメージすると、
分かりやすいですね。

 

よく、勘違いしてしまうのは、
手段が目的化してしまうことです。

例えば、営業の仕事では、
自分の商品を買ってもらうことが目的なのに、
いつのまにか、電話をたくさんかけることを、
一生懸命やっていたりします。

電話をかけることは、手段であり、
目的ではありません。

 

まずは、目的が何か明確にし、
あれもこれもやっていないか、
やらなくてもよいことがないか、
手段を目的としてしまっていないか、
仕事が終わるまで、定期的に見直すことが必要です。

 

 

目的を意識することで、
仕事がよりスムーズに行えると思いますが、

そのほかにも、うまくいかない原因として、

  ・優先順位をつけられない。
  ・全て100%やろうとしている。
  ・完璧を目指してしまっている。

ということが、考えられますが、
これらは、目的が明確であれば、
答えやヒントが見つかるはずです。

 

迷ったり、判断に困ったら、
目的を再確認するとよいです。

仕事だけではなく、
家族旅行も、食事を作ることも、
世の中のことは、すべて目的があります。

ものごとを、うまくすすめるためには、
いつも、目的が何かを意識することがコツです。

 

子どもと遊んだり、買い物に行くなど、
ちょっとしたことでも、
目的を、意識してみてください。

いつもより、些細なことに振り回されず、
おだやかに、楽しくしているのが、
実感できると思います。

 

 

ありがとうございました。

早起き習慣は、日が長い夏に始めるとよい


早起きは三文の徳」と、よくいいますね。
「三文の徳」は、「三文の得」ではないんですよ。

早起きすることは、体にも良いし、
世の中で、成功者と呼ばれている人は、
早起き習慣の人が多いそうです。

 

 

朝は、自分の目標に向かって何かをするには、
とても良い時間だと思います。

朝もやに、日が昇ってくるときの
空気感や、独特の雰囲気、

鳥のさえずる音、さわやかさ、静けさ、
想像しただけでも気持ちいいですね。

 

それと、朝は、時間の制限があります。
制限と聞くと、悪いことのように思われますが、
とても都合がよいのです。

夜、作業をやってしまうと、
だらだら続けてしまうことがありますが、
朝は、必ず終わりがあります。

つまり、終わりが決まっているので、
とても集中でき、効率が上がるということです。

 

 

良いことばかりなのですが、
早起きの習慣は、簡単にはできません。
早起きしようとしても、初めはなかなか起きれないものです。

しかし、習慣化することができれば、
目覚まし時計が鳴る前に
起きることさえできてしまいます。

 

早起き習慣をつけるためには、
早起きしやすい季節に始めたほうが、
比較的楽です。
がチャンスです。

夏は、朝日が差し込む時間が早いからです。
冬ですと、朝は、真っ暗なうえ、寒いので、
布団からでることを妨げてしまいます。

もし、早起きをして、夢に早く近づきたいと
思っているのなら、夏の時期がチャンスです。

 

よく、1.5時間の倍数で睡眠時間をとると、
目覚めがよいといいますが、
私の経験上、
このような睡眠サイクルはあまり関係ないようです。

睡眠周期の時間を気にするよりも
寝る時間と起きる時間を固定するほうがよいです。

例えば、0時30分に寝て、5時に起きる。
を、毎日徹底します。

 

ぜひ、さわやかな朝、
1時間でも、夢に投資する作業を
してみてはいかがでしょうか。

 

 

ありがとうございました。

贈り物は、相手の気持ちを幸せにする「心」を贈ることを意識する


お中元やお歳暮をいただくと、とてもうれしいですよね。

しかし、贈り主には、申し訳ないのですが、
いつも中身が同じで、

  「また、これか。。。」

という気持ちになってしまうことはないでしょうか?

 

タオル、のり、お茶、ビール など
最近では、カタログギフトも多いですね。

 

 

自分が贈る場合は、心から喜んでもらいたいですよね。

どうしたら、喜んでもらえるのかというと、
ものではなく、気持ちを贈り、
それを受け取ってもらえると、相手に喜んでもらえます。

 


例えば、
自分が、お気に入りで、いつも食べているものでしたら、
とてもおいしいので、ぜひ食べてみて!
という気持ちを込められます。

添える手紙の内容も、書きやすいですね。

 

自分のお気に入りのものや、役に立った本などは、
贈り主の個人的な気持ちも贈ることができますので、
とても良いと思います。

 

 

贈り物を選ぶときは、
相手が贈り物を受け取ったところを想像します。
相手が、どんな気持ちになるのかを、
自分で体験してみるのです。

贈り物が決まったら、
手書きで一言、近況や贈ったものについて
手紙やカードを添えるとさらによいですね。

なかなか、贈り物だけでは心を伝えられないので、
イラストや文章で補ってあげると伝わりやすくなります。

 

ちょっとしたイラストは、より効果を高めます。

携帯でもおなじみですが、
絵文字を使ったほうが、文字だけのものより、
気持ちが伝わります。

 

 

お中元やお歳暮を贈るときは、
「いつものでいいや」と、なりがちですが、
心や気持ちを贈るということを意識してみると
贈る方も、贈られる方も、
いつもより、幸せを感じられるのではないでしょうか。

 

誕生日や記念日にプレゼントをするときも同じですね。
出産祝いなどは、自然に相手をイメージできていると思います。

私は結構、何を贈ろうか迷ってしまうことが多いのですが、
いつも、相手がこれをもらったら喜ぶかな。
と、相手の笑顔を想像しています。

 

それでも、迷ってしまうんですよね。
迷って選んでる時も、楽しいですよね。

 

 

ありがとうございました。

自然にやる気をだすには、環境を整え、習慣化する


子どもに、やる気を出させるのはとても難しいですよね。


言葉で「勉強やりなさい」と言っても、
「あとでやる」、「ゲームが終わってから」など、
素直に聞いてくれません。

 

子どもの気持ちを、親が無理やり変えるのではなく、
自分から、自然に気持ちが変わるようにします。

「変える」のではなく、
自ら「変わる」です。

 

つまり、習慣や環境を変えることで
その気に持ってゆきます。

環境の例ですと、
大人でも、机が散らかっていたら、
まず整理しないといけないので、
やる気が無くなってしまうときがありますよね。

習慣の例では、
歯を磨くことは、とても面倒ですが、
毎日続けられていると思います。
それは、習慣化されているからです。

 

大事なキーワードとして、

  「環境を整える」と「習慣化」を

意識して対応するとよいです。

 

 

例えば、
習慣化」では、
毎日、勉強する時間を決めます。

朝、学校に行く前に20分間。
学校から帰ったら、明日の準備を済ませる。
いろいろありますね。
面倒なことほど、習慣化が必要です。

 

環境を整える」では、
すぐに、勉強ができるように、テーブルの上をきれいにし、
計算ドリルや、筆記用具を用意しておきます。

 

「位置について、よーい、どん」の、
位置について、よーい」までやってあげます。
すると、勉強道具や筆記用具が目に入り、
自然に勉強モードになります。

勉強道具を並べておくことは、やる気を出すだけではなく、
これから、自分が何をやるべきかを一目で確認できますので、
とても有効な方法です。

小学校低学年の時は、
やることの優先度をつけたり、
計画を立てることは、とても難しいと思います。
そこは、親が補ってあげるようにします。

 

習慣化できるようになってきたら、
少しずつ自分で用意できるようにします。

いつまでも、王子様、お姫様では、
甘えてしまいますからね。

徐々に、大人が用意することを減らしていきます。

 

例えば、椅子の背もたれに袋をつけて、
勉強道具を入れておきます。

次からは、ここから自分で取り出して、
勉強に取り組むようにします。

近くに本棚があれば、すぐ取り出せるように
準備しておくのもいいですね。

 

 

まずは、「環境を整える」と「習慣化」を意識して
焦らずに子どもと向きあってみてはいかがでしょうか。

もちろん、大人でも、この方法は有効ですよ。

 

 

  ありがとうございました。